【麻婆豆腐】ディープな街、池袋の「知音食堂(ちいんしょくどう)」へ

物件調査のついでに、20代半ばまで過ごした池袋へ立ち寄りました。

池袋はいまではすっかりディープな街として認知されています。いつからなのかはもはや記憶にありませんが、街を歩けばすぐに中国人に当たるほど、中国の方たちが街に溶け込んでいます。

中国料理店も至る所にあり、

「日本人向けにアレンジした中国料理」

というよりも、中国人が自国で食べている料理(だと思う)をそのまま出すお店が多そうです。

今回は駅から近いこちら、「知音食堂(ちいんしょくどう)」へ行ってみました。

ちなみに前回、池袋に来た際に立ち寄ったお店もなかなかよい感じでした。ぜひ、夜も来てみたいと思えた美味しいお店です。特に担々麺が、人気ドラマ

「孤独のグルメ」

でも紹介されたそうです。

池袋「中国家庭料理 楊2号店」の麻婆豆腐は攻撃力高し!

地図を見ると分かる通り、お店は路地裏にひっそりとたたずんでいます。

一本通りを入れば、池袋にはこのようなところが至る所にあります。

写真の大きさから、担々麺推しのお店のようですね。その値段の安さにびっくりです。

階段を下りて店内へ向かいます。

店内はこんな感じで清潔感があります。お客さんが数組いましたが、店員さん含め日本語をしゃべる人は一人もおらず、中国語が飛び交っておりました。店員さんは日本語が上手で、一生懸命接客してくれて好感が持てます。

テーブルの上に置かれたメニューでも、やはり担々麺推し。ヴィジュアルからして美味しくないわけがありません。ここまで推されると、担々麺が食べたくなりますが、もはや義務感に駆られるかのように、麻婆豆腐を注文。担々麺は次回に取っておくことにします。

しばらくすると、麻婆豆腐定食が出てきます。

これで680円は破格に安いです。

見た目から分かるかもしれませんが、ラー油の要素はあまりありません。辛すぎず痺れすぎずちょうどよいあんばい。美味しいです。

  • 辛さ    ★★☆☆☆
  • ラー油の量 ★☆☆☆☆
  • 痺れ    ★★☆☆☆

本場、四川省の中国家庭料理を食べたことがないので、なんとも言えないのですが、本場の料理を四川料理を食べたければいいのではないでしょうか。担々麺含め、他の料理も食べてみたいですね。

というか池袋を適当に歩いてたら、美味しいお店にはすぐにぶつかるんじゃないかと思います。それだけ街に中国料理が当たり前のように溶け込んでいます。

勝手知ったる池袋ではありますが、次回はノープランで「銀ブラ」ならぬ「池ブラ」してみようかと。20年以上住んできていまさら感もありますが。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。