オーナー様の利益を最優先する不動産活用コンサルタント「不動産活用コム」

【麻婆豆腐】横浜関内にある「天富園」は主張のある麻婆豆腐専門店

近く契約する、横浜にある土地の売買の調査で関内にやってきました。会社員時代は横浜に営業所があったので、よく来たものです。

ちょうどお昼時だったもので、行き慣れた街、関内の麻婆豆腐でも食べてみようかと検索したところ、美味しそうなお店を発見。さっそく行ってみることに。

私は車で来ましたが、最寄りの「関内」駅からは歩いて5分位ですね。

麻婆豆腐専門店とありますね。期待が持てそうです。

看板になんの脈絡もなく登場するパンダの絵がシュールです。

お昼時を大分過ぎていたので、店内はガラ~ンとしています。奥の席で中国人の店員さんが食事してました。あまり上手な日本語ではないですが、親切な接客です。壁には有名人のサインがたくさん飾られています。

麻婆豆腐定食980円を注文。辛さはどうしますか?と聞かれたので、少し辛めをリクエストしました。

出てきた麻婆豆腐はこちら。

豆腐は木綿豆腐で、ラー油はたっぷり目。木綿豆腐ですが、絹豆腐のようにふるふるで柔らかいです。痺れはあまりないですが、辛めを指定したせいか、結構辛いです。無理すればもう少し辛くてもいけそうですが、個人的には美味しく食べるためにはこの位が限界かな。

  • 辛さ    ★★★☆☆
  • ラー油の量 ★★★☆☆
  • 痺れ    ★☆☆☆☆

多少、日本人向けにアレンジしているのかもしれませんが、日本人の口に合うように作られた麻婆豆腐ではありません。もちろん、良い意味で。

日本人向けに作られた麻婆豆腐ももちろん、美味しいです。例えば、先日食べた↓こちらとか。

【麻婆豆腐】1年ぶりに経堂の「彩雲瑞 (さいうんすい) 」訪問。やっぱり美味し!

わざわざ食べに行きたくなる、新宿三丁目の↓とか。

新宿三丁目の居酒屋「から味処 粧(かみどころ しょう)」の麻婆豆腐のクオリティが高すぎ

これら麻婆豆腐は、日本人が食べて美味しいと思うようなアレンジがされています。これら麻婆豆腐も大好きです。

反対に今回食べた麻婆豆腐は、

「うちの麻婆豆腐はこういう味だよ!」

っていうなんの忖度もしていない、本場そのままの味。本場四川省の麻婆豆腐を食べたことはありませんが、恐らく現地で食べる麻婆豆腐も同じ味なのではないでしょうか。

そんな強烈な個性とアイデンティティを感じる麻婆豆腐でした。

  • 店名:天富園
  • 住所:神奈川県横浜市中区住吉町3-36-6 住吉ビル 1F
  • 電話:045-651-3168
Pocket

ページのトップへ戻る