オーナー様の利益を最優先する不動産活用コンサルタント「不動産活用コム」

御茶ノ水駅「川菜館(せんさいかん)」へ初の夜訪問

行ってきました、御茶ノ水駅に「川菜館(せんさいかん)」へ。

以前、3回ほどランチタイムに訪問したことがあります。その時はどういうわけか集中的に四谷付近で仕事があったからで、最近はこっち方面を訪れることがほぼありません。

バランスがよく、洗練されたといった言葉が似あう、完成度の高い麻婆豆腐を食べることができるお店ですが、そんな理由もありここ数年、食べたいと思っていても、なかなか食べることがかないませんでした。

今回、念願かなって数年ぶりの、そして初めてのディナータイムの訪問です。

JR御茶ノ水駅から歩いて5分。下り坂をダラダラと下っていくとお店が現れます。

店構えから美味しそうって感じてしまうのは、ひいき目ですかね(笑)

こちらのお店、1階はカウンターだけですが、2階は掘りごたつ式の座敷がありまして、今回は9人という大所帯ということもあったので、そちらを予約しました。

コースメニューが5種類ありますが、今回はアラカルトで注文することに。

食べログのトップページに大きな火鍋の写真が掲載されています。是非とも食べてみたかったのですが、この暑さで参加者からNGが続出。今回は見合わせることになりました。冬にリベンジ予定。

↑名物メニューっぽいです。豚バラ肉と薄くスライスしたキュウリが一緒に物干しざおらしきものに干されてます。

まずは塩味系の優しい料理を数品注文。

段々とテーブルが赤くなってまいりました。どれも爆発力はありませんが、上品な美味しさ。洗練されたという表現がピッタリ。

他にも頼んだ料理があった気がしますが、写真がこれだけしか残ってませんでした。そして最後にやってきたのがこちらの四川麻婆豆腐です。

辛いし痺れもあるし、みんな辛い辛い言いながら食べてましたが、辛さと痺れのバランスがいいのか、するするいけます。ご飯も進みます。いつのまにか麻婆豆腐だけ追加注文。追い麻婆です。

冷めにくいよう、このような形で提供されます。ナイス麻婆でした。

  • 辛さ    ★★★☆☆
  • ラー油の量 ★★☆☆☆
  • 痺れ    ★★★☆☆

前々回食べた麻婆豆腐が強烈だったので、それに比べてインパクトはあまりありません。ちなみに前々回行った強烈なお店はこちら↓。

原宿の中国家庭料理「東坡 (トンポー)」。激辛麻婆豆腐のこだわりが強いライブ感あふれるお店

ネタとして楽しいお店(笑)。

とはいえ、辛いし痺れるし、翌日お腹が若干痛くなる人もいる程度に(笑)、辛さも痺れもそれなりにあります。ただ、なんでしょう、バランスがいいのか、後に残らないあと引くうまさがあり、洗練された麻婆豆腐です。

ランチで気軽に食べることができますので、お近くに行く予定の人は、ぜひ行ってみてください。水煮牛肉も美味しそうです。

 

店名:川菜館(せんさいかん)

住所:東京都千代田区神田駿河台3-7-7

電話:050-5890-1921

Pocket

よく読まれている記事

ページのトップへ戻る