オーナー様の利益を最優先する不動産活用コンサルタント「不動産活用コム」

【住宅購入時】不動産仲介会社がやってくれること

住宅購入時に不動産会社がやってくれることってなんだろうか?実際に住宅購入を手伝ってくれる不動産仲介会社が、融資手続き含め、どのようなことを行ってくれるのかを解説していきたいと思います。

 

不動産会社がいうところの「予算」を教えてくれる

返済比率を利用して、いくらまで借り入れが可能かを算出してくれます。そして借り入れ可能金額をもとに、現金をどのくらい投入することが出来るかをヒアリングし、諸経費の概算を出して

「この位が予算です」

と試算してくれます。これが不動産会社の資金計算・資金計画、と呼ばれるものです。

借入可能額 = 予算 ではない

しかし、この場合の予算というのは、年収から借入可能額をはじき出しただけの、

「借入可能額」

です。

借入可能額 = 予算

ではありませんので、注意が必要です。詳しくは以下↓の記事をご覧ください。

【住宅購入時】借入可能額 = 予算 ではありません

当初、借入可能額は分からない

購入検討者は、当初どのくらいの物件が購入可能かさえ分かっていません。借入可能額は、物件に問い合わせをし、内見した後に試算してもらうことが圧倒的に多いです。内見した物件が、買える物件かどうかは、内見時点では分かりません。

内見して気に入ったので試算してみたら、借入可能額をオーバーしていて、そもそも検討できる物件ではなかった・・・ということも当然ありえます。

契約前の住宅ローン事前審査申し込み手続きを代行

契約したい物件が見つかれば、売主と諸条件を交渉して、売買契約をまとめてくれます。条件がまとまれば、売主・買主揃っての売買契約となりますが、契約前に金融機関の事前審査を行います。必要書類を不動産会社の担当者に提出すれば、すべて手続きしてくれます。もちろん、事前審査書類には、直接記入・押印をしなければなりません。

まれに

「住宅ローン手続き代行費用」

という名目でお金をむしり取ろうとする悪意ある不動産会社もいますが、一切払う必要のないものですので注意しましょう。その不動産会社との付き合いを考え直した方が良いレベルの悪徳行為です。詳しくは以下↓の記事をご覧ください。

ローン代行手数料なんて支払う必要のないもの

契約後、物件引き渡しまで

  1. ローン申し込みに必要な書類のアナウンスおよび取得代行
  2. ローンの本申し込み手続き
  3. 金消契約決済に必要な書類のアナウンスおよび取得代行
  4. 金消契約およびその日程調整
  5. 司法書士の手配
  6. 決済およびその日程調整

契約後、手続きに必要な書類のアナウンスや取得代行を適時行ってくれます。基本的には買い手は、不動産会社の指示に従っていれば問題ないはずです。

また、ローン特約の期限までに本審査が通るように、期限や日程の管理。その後、金消契約・決済の日程調整を行い、取引が円満に完了するよう尽力します。

トラブルになることが多いのはこのタイミング

経験が乏しい営業マンに不幸にも当たってしまった場合、トラブルはこの辺りで発生することが多いです。特に多いのが連絡の不行き届き。

極端な言いかたになりますが、物件を案内するだけなら、昨日今日入社したばかりの営業マンでもなんとなくできてしまいます。なぜならその物件を気に入るか気に入らないかは、営業マンの力量も多少あるでしょうが、買い手自身の判断に委ねられるからです。営業マンが多少経験不足で頼りなかったとしても、気に入った物件は欲しいのです。

しかしこの段階の業務は、それなりに経験を積んでいないとどうにもなりません。経験に乏しい新人も、先輩の指示を受けながら一生懸命やってくれるでしょうが、やはり体験がもたらす経験の差は大きいです。

契約が終わった後こそ、注意しましょう。

あわせて読みたい

より理解が深まります。ぜひどうぞ。

不動産購入時の仲介業務

逆にやってくれないことはなに?って記事はこちら↓

【住宅購入時】不動産仲介会社がやってくれないこと

Pocket

ページのトップへ戻る