オーナー様の利益を最優先する不動産活用コンサルタント「不動産活用コム」

20代のための資産形成をかねたマイホーム購入術

20代の若者に一番伝えたいことはただ一つ。

全力でマイホーム購入はするな

ということです。

 

「全力のマイホーム購入」とは?

全力のマイホーム購入というのがどういうものかというと

  • 35年ローン
  • 借入限度額(返済比率)めいっぱい

で物件を購入することです。

全力のマイホーム購入の弊害

全力投球でマイホーム購入をした人は、ローン返済中はダブルローンが可能な高収入の人でない限り、新規のローンを組むことはできません。仮に不動産投資をしようと思っても、現金で購入するしか方法はありません。

つまり不動産で資産形成していこうと思っても、長期返済が前提の住宅ローンを最初に利用してしまっていると、完済後でなければ、不動産投資を利用しての資産形成ができません。

そのときには家族の生活の基盤が出来上がってしまっているので、一度売却してまた一から・・・というのは、家族の同意も得られないでしょうし、現実的ではありません。

余談になりますが、そうした場合は、借り換えや繰り上げ返済を無理のない範囲で行い、少しでも早く完済し、負債を資産に変えるようしていくことが一番です。

株や債券に投資をするくらいなら、住宅ローンの元本をどんどん返済しましょう。

どのような方法で住宅購入すべきか?

全力でマイホームを購入してしまうと、住宅ローンの返済に人生を捧げなければなりません。人生の主導権は自分自身になければなりません。

20代の若い人たちは、このような全力でマイホームを購入することの弊害を今のうちからよく理解しつつ、住宅購入を通して資産を形成していかなければなりません。

ではどのような物件を、どのように購入していくべきでしょうか?

少し難のある安い物件を購入する

普通の物件よりも市場価値が落ちるといわれる物件に、

  • 敷地延長などの不整形地物件
  • 未接道物件
  • 建築基準法違反物件
  • 築古マンションや戸建て

があります。これら物件の評価は、そのエリアの一般的な相場を100とするなら、その7がけ6がけ、ものによっては半値以下のものもあります。

「一生に一度の購入」

「終の棲家」

と考えて全力投球であれば、このような訳アリ物件・難アリ物件を購入することなど考えられないかもしれません。

しかし、発想を変えて、マイホーム購入を一生に一度と考えさえしなければ、どんな条件の物件でも大抵は許容できるはずです。

マイホーム購入は「一生に一度」「終の棲家」という考えを捨てる

短期返済予定の「手始めの1件目」

住宅購入を大げさに考えず、賃貸物件を探すように気軽に購入するのです。いきなり家族が住むような大きな家なんて買う必要はありません。手始めに一人か二人が5年10年住んでいられるような古いマンションでいいのです。

5年、10年程度で返済できる手ごろな安い物件を、住宅ローンを利用して購入。貯金をする代わりに返済しながら生活し、さっさと完済してしまうのです。

35年かけて一つの物件しか購入できない人がほとんどの中、10年ペースで購入を続けたとしたら、同じ35年で3つ、4つ、場合によってはそれ以上の不動産を手にすることができます。

完済済みの不動産を一つ持っているというパワー

若くして完済済みの不動産を持つことの大きなメリットに、以下のようなものがあります。

  • 売却することでまとまった現金を手にできる
  • 賃貸に出して賃料収入を得ることができる

完済済みなので、すぐに売却することが出来ます。安い不動産とはいえ、売ればまとまった現金を手にすることができます。

賃貸に出して賃貸収入を得てもいいでしょう。20代~30代の前半で、給料以外の安定収入を得ることが出来るのです。

同様の物件を購入したとしても、賃料収入だけで返済していけるかもしれません。そうなれば労せずして2件目を手にすることもできますし、3件目になるともっと楽になります。

若いうちから始めて欲しい

20代のうちから住宅購入のことを考える人はなかなかいないかもしれません。しかし、若くして完済済みの不動産を持っていることのパワーのデカさに気づけた人が数十年後の勝ち組になっています。

この方法にはどうしても時間の力が必要です。40代で始めるよりも30代、30代より20代と若ければ若いほど、その分早く資産形成していくことができます。

まとめ

以上、20代のための資産形成をかねたマイホーム購入術についての記事でしたが、いかがだったでしょうか?いろいろ書いてきましたが、ものすごく簡略化してお伝えすると、

4,000万の物件を35年ローンで購入するより、35年かけて1,000万、1,500万、1,500万と分割して購入していったほうがいいですよ?

ということです。それぞれ個別に運用・活用することもできますし、買い進めることで、購入がどんどん楽になります。

ぜひ、このような購入術が、広くこれからの若い人たちに伝わることを期待しております。

あわせて読みたい

住宅ローンを利用した資産運用の方法

Pocket

ページのトップへ戻る