オーナー様の利益を最優先する不動産活用コンサルタント「不動産活用コム」

【麻婆豆腐】麻婆メンバーが激称する六本木「新中国家庭料理 浅野」へ

麻婆メンバーが激称するお店

どこのお店に行っても、結局は

オレはやっぱり浅野の麻婆豆腐が一番だな~

と言い張る麻婆メンバーがおります。

そんなに言うなら連れて行ってもらおうか!

ということで、麻婆定例会とは別口で、行くことになりました。

麻婆会を正式に立ち上げる前、一度、誘ってもらって訪問したことがありますが、何せ数年前のため、味の記憶がすっかり薄れてしまっています。機会があればぜひ再訪したいと思っていたところでしたので、楽しみにしていました。

調べて初めて知りましたが、

「日本における四川料理の父」

と言われる「陳 建民」氏のもとで修業された方が経営しているお店だそうです。

「美味しくないわけない!」

と、ミーハーな私のアンテナはささやきます。

ちなみに「陳 建民」氏のことは存じ上げませんでしたので、上記情報はWikipediaさまのものです。これだけ麻婆豆腐言い続けているのに、四川料理の父と言われている人物を知らないなんて

もぐりだな自分

と修行不足を痛感した次第です。

キラキラ輝く六本木の駅から歩いて10分。決してアクセスがよいわけではありません。

2時間制の飲み放題、コース料理でした。料理の写真、すべて撮ったつもりでいましたが、「小籠包」がありません。ご容赦ください。

左:よだれ鶏、右:野菜の強火炒め。マコモダケです。

サバのネギ山椒ソース

カニ肉とフカヒレのスープ

ホタテ炒め

牛肉の黒コショウ炒め

 

こちら通常の麻婆豆腐。

  • 辛さ    ★★☆☆☆
  • ラー油の量 ★☆☆☆☆
  • 痺れ    ★☆☆☆☆

おススメするだけあって美味しいです。辛さ・痺れともに控え目で、誰もが安心して食べられます。

個人的には少し刺激が足らなかったので、コース料理が全て提供された後に、辛め目を「追い麻婆」。

 

  • 辛さ    ★★★☆☆
  • ラー油の量 ★★☆☆☆
  • 痺れ    ★★☆☆☆

一口食べて

「これだ!」

って感じですね。通常よりも刺激があって、グッと四川寄りのお味。個人的にはこっちのほうが完全に好みです。

さすが激称するだけあって、かなり美味しかったです。四川風が好きな人は、迷わず辛目をオーダーしてください。

杏仁豆腐も絶賛されていました。

次回訪問した時は、アラカルトでもいいですね。

  • 店名:新中国家庭料理 浅野
  • 住所:東京都港区麻布台3丁目1−6飯倉片町アネックス2F
  • 電話:03-3583-2233
Pocket

よく読まれている記事

ページのトップへ戻る