オーナー様の利益を最優先する不動産活用コンサルタント「不動産活用コム」

チラシ投函に否定的ですが、することもあります

不動産会社のチラシ投函については、

大げさに言えば無用なゴミを増やし、

森林伐採が進み、

さらなる地球温暖化を促進する愚行です。

 

チラシ投函に関する記事は結構あります。

ネタにしやすいからというのは内緒です。

 

 

会社員時代、毎週のように2,3万枚以上もの紙の、

ゴミ化に手を貸していた張本人としては、

ズキズキと胸が痛む次第です。

 

過度なチラシ投函がきっかけで、

マンション管理組合から

 

「チラシ投函のために立ち入る不法侵入者は見つけ次第通報します!」

 

との張り紙されていたり、

一向にチラシ投函が止まないのに嫌気が差した、

個人住宅の所有者との間に訴訟騒ぎになってみたりと、

不動産会社のチラシ投函に対する、

世間がむける視線は冷たいものがあります。

 

しかし、そんな四面楚歌の状況の中、

いまだチラシがなくならないのは、

やはり一定の効果がみられるからであり、

不動産会社としてはやめるにやめられない、

集客手法なのでしょう。

 

そんな過去の罪悪の呵責に悩んでいる(大げさ)私ですが、

いまでもチラシ投函をすることが、実はあります。

決して以前のように「のべつまくなし」しているわけでは、

もちろん、ありません。

 

今回のケースはこんな感じでした。

 

  • 当社管理物件のテナントが空いた
  • 周辺は再開発のため、立ち退きが多発している地域
  • 建て壊される予定のビルには、移転先が決まらない企業が多数入居中
  • 当社管理物件はそのビルの目と鼻の先
  • そのビルに入居していた企業が、数か月前当社管理物件に入居

 

賃貸、売買限らず、

いまはインターネットで探す人がほとんどです。

しかし、今回のようなケースだと、

管理物件に

 

「テナント募集」

 

看板貼っている方がよっぽど効果があります。

チラシはダイレクトに届きますからより効果的です。

 

チラシと言っても、

募集図面と手紙、名刺を封筒に入れて、

全部で約10通ですから、かわいいものです。

 

しかし、そうはいっても、

結果、ゴミになってしまう可能性も捨てきれず、

絨毯爆撃のようなチラシ投函でない分、

問い合わせがなかった場合のダメージは大きい。。。

Pocket

よく読まれている記事

ページのトップへ戻る