オーナー様の利益を最優先する不動産活用コンサルタント「不動産活用コム」

【不動産営業マンの一日】ブログ更新に時間を費やした穏やかな一日 平成30年9月17日

不動産営業マンではないですが、一日の動きを記事に残しておきたくなったので書き綴っています。

 

決済の段取り

今月末に不動産売買の決済を控えているので、売主と決済の段取りを行いました。

決済時には、何億、何千万ものお金が動くので、仲介をする不動産会社の不手際は許されません。ひとつひとつの作業を分解して考えてみると、それほど難しいことを行うわけではありません。すべては段取りです。

決済は段取りさえ整えておけば、当日は気に病む必要は全くありません。しかし、毎回毎回、なにか足らないことがあるのではないかと、気になって仕方がありません。

もっともっと経験を積めば、心穏やかに決済を迎えられるようになるかといったら、きっと私はならないのだと思います。

どこかにこの緊張感を持っていることを「是」としているのです。

物件の下見

物件をご紹介しているお客様からメールで質問があったので、現地を見に行ってきました。質問の内容は、

「電車の音がどの程度するか?」

というものです。どの程度、音がするかは実際、現地に行ってみないと判断できないからです。私が感じたことをそのままお客さんには伝えようと思います。

物件を紹介するにあたり、立地は予め確認します。ですからその物件が線路沿いであることは承知しています。

お客さんとの条件のすり合わせが必要

ここでお客さんに物件を紹介する営業マンは、以下の2点で迷うことになります。

  1. 無駄だと思って紹介しない
  2. どの程度気になるのか確認するうえでも、ひとまず紹介する

正解はありません。ちなみに今回私は2.を選びました。

大まかな希望条件は当然把握していますが、今回はご紹介しているお客さんとの間で条件のすり合わせを行い、共通認識を築きたかったのです。

お客さんの求める条件から要望をイメージし、それに合致した物件を紹介することが重要ですが、こちらの思い込みで物件の条件を狭くすることは避けたいからです。

今回、下見の内容を伝えることで、お客さんがどう判断されるか?その判断をヒアリングすることで、私とお客さんとの間で共通認識ができあがり、次回、物件を探す際の材料とするのです。

ブログの更新

ブログを2記事、執筆することができました。よろしければご覧になってください。

【つれづれ】大人と子どもの違いを縁日での行動から考察

【ぶどう狩り】山梨県甲州市勝沼町の「かつぬま葡萄郷 一古園」へ行ってきました

今日の所感

作業に追われることのない、穏やかな一日。

我が西武ライオンズがソフトバンクホークスを本拠地でサンタテしたので気分がいいです。帰ったらぶどう狩り園で購入したワインを飲もうと思います。

お疲れさまでした。

Pocket

ページのトップへ戻る