仕事は自分で作り出す!?

この言葉は本当に良く耳にする。

社会人デビューをする、

どこで聞いたかは分からないが、

のどに刺さった魚の骨のように、

20代そこそこのボクの心にもしっかりと残されていた。

まさに様々な場面で語られる、

ビジネスマンとしての「名言」「鉄板ネタ」なのだろう。

 

新卒で入った会社(ソフトウェア開発)から、

不動産業界に転身するまでの間在籍した会社(デザイン事務所)では、

基本的になんらかの仕事が上から回されてきた。

 

その仕事をそつなくこなすのは当然だが、

言われたことだけではなく、

ほんの少し自分なりのスパイスを効かし、

やる気を見せることが社内での評価を上げる秘訣だ。

その評価が新たな仕事を回されさらなる評価につながる・・・

ということが、

 

「仕事は自分で作り出す」

 

という言葉の意味・本質だと思っていた。

 

今でも新規の案件の7割から8割は、

以前一緒に仕事をした人からの紹介だ。

紹介されるということは、

以前の仕事が、ある程度は評価されたと考えることもできるのだろう。

だから間違ってはいないと思う。

 

しかし、ボクの本の中で描かれている、

修業時代にボクが入った会社では全く違った!

何が違うかというと、基本的に仕事は一切回されない。

もちろん先輩から雑用を任されることはあった。

なので当時の何も知らない幸せなボクは、

その雑用をそつなくこなすことが社内での評価につながるのだ・・・

と大きな勘違いをしていた。

 

しかし、雑用をいくら一生懸命やっても評価にはつながらないのが、

その会社での現実だった。

では一体なにをもって評価されるのか?というと、

営業成績でしかないのだ。

 

さらにさらに!

営業成績に繋がるようなネタ、お客さん、物件を、

会社が用意してくれる訳ではない。

本当に全て、ゼロから自分で集めるしかなかった。

遅まきながらこの事実に気づいたときは愕然とした。

 

「こんなシビアな会社があるのか?」

 

と。営業会社の厳しさを全く知らなかったボクには、

カルチャーショック意外のなにものでもなかった。

 

ボクをボコボコにしていた上司は、

 

「お前たちは大企業の看板を使って仕事をする個人事業主だ!」

「今月利益を上げないと自分の会社が倒産するとしても、

今のようにのんびり働くのか!?」

 

と、月末、朝礼で良くこう言って、

営業所員の尻を思いっきりひっぱたいていた。

 

「自営業って・・・。会社員として入ったんだが・・・?」

 

その時は途方に暮れたボクだが、

自営業となった今なら上司の言うことは確かに理解できる。

しかし、会社から回される仕事をこなす労働の対価として、

給料をもらおうと思って入ってくる人にとっては、

厳しすぎる環境であることに間違いはない。

 

だけど、こうした厳しい意味での、

 

「仕事は自分で作り出す」

 

ということが心底理解できていれば、

実際に独立・起業したときに効いてくる仕事の本質ではないかと思う。

 

会社で仕事を作り出せない人が、

独立し会社の看板を外してから、

仕事を作り出せるはずはない。

 

厳しい環境だったが、まさに独立独歩の自営業者のように、

毎月のノルマを必死になって追いかけていたトップ営業マンは、

今では一国一城の主となっている人が多い。

 

仮に独立しなかったとしても、

独立自尊の精神で社内で働くことは、

評価を劇的にあげる大きなきっかけとなることに間違いない。

 

20代前半のボクのように、鼻をほじりながら、

 

「仕事は会社が振ってくるんだから、

それまでおとなしく待ってればいいんだよ。」

 

とアホな顔して、

たいした努力も勉強もせず、

ただボケーッと待っているような無為な時間を過ごすことだけは、

止めて欲しいと切に願う。

 

ここで辞めたらただの負け犬!~ブラック企業で修業した男の日常~

好評発売中です。

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。