オーナー様の利益を最優先する不動産活用コンサルタント「不動産活用コム」

不動産会社の与えることが出来る価値とは?

物件探している人が飛び込みで来て、最初にすることはなんだと思いますか?その場でバーッと物件紹介する不動産会社も多いと思いますが、基本、当社ではあまりそのような対応はしていません。

探してる背景とか予算の話、不動産取引についての流れや、今後の注意点、いまの不動産市場の話とか含めて色々な話をします。そんな話で30分~1時間はかかります。

その場で条件聞いて、バーッと情報出すことも可能です。しかし、一度、じっくりとこちらのフィルターを通して、良いと思った物件、このお客さんにピッタリだと思った物件のみを、ご紹介したいじゃないですか。

というか、そうした作業をしないで出した物件に価値はないし、しない不動産会社にも価値はないと思うんですがどうでしょう?

条件打ち込んで、出てきた物件を並べるだけだったら、ポータルサイト見れば、お客さんが自分でできちゃいますし、どこの不動産会社がやっても変わらないです。不動産会社にわざわざ行く意味なんてないんですよ。

で、これだけネットで色々できる現代社会で、不動産会社がお客さんに与えることが出来る価値がなにかというと、(物件紹介という観点だけで言うと)日常業務を通して、多く見てきて築き上げてきた、物件を見る「フィルター」の価値であり、そのフィルターを通して選びだされる物件に、価値があるのです。

中には偏った変わったフィルター持ってる人もいるでしょうが、少なからず不動産を見てきてるはずなので、お客さん側で希望を伝えることで、それなりに補正してくると思います。そこまでその人に気を使いたくなければ、相性が合わないとして他を当たるか、ですかね。

でもまあ物件ありきで選んだ不動産会社なら仕方ないですが、探し始めの段階から付き合っている人がいるなら、その人がバカじゃないかぎり、フィルターを調整してお客さん好みに変えてきているはずです。

そこまで来ると信頼関係もできているでしょうから、余程のことがない限りは、最初からお手伝いしてくれる人にお任せした方が、いいと思いますよ。

Pocket

よく読まれている記事

ページのトップへ戻る