オーナー様の利益を最優先する不動産活用コンサルタント「不動産活用コム」

かぼちゃの馬車オーナーの考えられる対応策

どの程度の人が、どのくらい今回の件で対応をしているんでしょうか?

 

多数の融資を行ったスルガ銀行の、ずさんな審査体制も問題視されています。金利含めて借り入れ計画の見直しとか、相談には乗ってくれないのでしょうか?いずれせよ、現状できることは、

  • 返済計画の見直し以来
  • 売却査定
  • 賃料査定

まずはこの辺りを把握することから始めましょう。何をするにしても、現状、与えられている「武器」(いくらで売れるのか?いくらで貸せるのか?)が分からないと、詳細の対応も考えられません。

 

売るという選択

現実的に売却するのはかなり難しいと思います。スルガで借りてるということは、頭金なしのフルローンですよね?恐らくどんなに高い査定をしたしても、借入金額を超える査定価格が出てくることはないでしょう。

売れる可能性がどれだけあるのかという問題ですが、購入しようと思う人は非常に限られていると思います。ある程度、一般住宅として使えるようであれば、購入する人もひょっとしたらいるかもしれません。

しかし、ネックは間取りや作りによっては、金融機関から居住用の住宅として見られない可能性があります。そうすると住宅ローンが難しいんですよね。投資用・事業用のローンの扱いになってしまいます。

シェアハウスの運営をしてみたいと思ってる人が、そのまま購入する可能性もなくはないです。が、この機に乗じて買いに来るのは多分、投資家です。売主が希望する

「多少損が出てもいいから、借り入れだけでもゼロにできれば・・・」

という位の価格で購入するとは思えません。言いかたは悪いですが、買い叩いてくるはずです。

「損になっても仕方がない」

と割り切って損切するオーナーの物件を、安く購入する人が多いのでは。

貸すという選択

そうすると賃貸ということになります。一般の住宅住宅と比較して、当初からシェアハウスのほうが高い収支で計算して、それを元に事業計画を建てていたはずです。通常の賃貸で、収支がプラスになればそれに越したことはないですが、多分、トントンになれば喜んでいいレベルだと思います。

  • 社員寮
  • シェアハウス事業者
  • コンテナルーム

この辺りをターゲットにすれば、一般の人を対象にするよりは、いいのかもしれません。

自分で住む

もういっそ割り切って、自分たちの自宅にしてしまうという選択肢はどうでしょう?自宅ローンも抱えているようなら、そっちはもう売却してしまいます。

空いているスペースは民泊として貸し出したりして、少しでも利益を出すように考えます。近くに大学があれば、賄いつきの学生寮などはどうでしょう?

民泊にせよ学生寮にせよ、やろうと思えば結構な労力がかかります。しかし返済資力以上の借り入れを起こしてしまった以上、どこかでがんばらなければなりません。

ここから先の話は、

  • 借入金額
  • 建築場所
  • 間取り
  • エリアの特性

などによって対応は違ってきますね。

手をこまねいていても何も解決しません。悲観せずに、というのは難しいかもしれませんが、少しでも前向きに思考を進めて欲しいと思います。

Pocket

よく読まれている記事

ページのトップへ戻る