マイホームは購入と賃貸、どっちがベストな選択?

「賃貸と購入。いったいどっちがお得なの?」

マイホームの購入ですから、得だとかそういう話ではない気がしますが、

様々な媒体などで議論がされていたり、記事になっていたりとこの手の議論はよく見かけます。

不動産という唯一無二の商品(資産)を扱う立場の人間からすると、一見無責任のように聞こえるかもしれませんが、

「人それぞれ」

としかいいようがありません。当事者の置かれた状況や背景、将来設計にかかわることです。万人に適用できる結論などありはしません。その時々でベストだと思う選択をしなければならないのです。

ただ今回、戯れにフローチャートを作ってみました。かなり乱暴ですが、それなりに的を得ていると思います。個人的な見解が大いにちりばめられていますので、当然のことながら、みなに当てはまるものではないということをご理解のうえ、ご覧ください。図の下部に補足説明もありますので、併せてご確認ください。

 

*以下補足です。

②お金をかけずに生活するには、実家しかありません。

③ここが購入か賃貸の最も大きなポイントです。そもそも不動産を所有したいかしたくないか。したくないなら無理して購入する必要はありません。

⑥住宅ローンを利用して自宅を購入すると、返済期間中は生活が著しく制限されます。飽きたからといって、簡単に住み替えすることは出来ませんし、急に転勤になってしまうかもしれません。長期に渡る返済生活は、その間の生活や移転の自由を放棄することにもなるのです。

参考までに以下の記事もご覧ください。

https://fudousan-katsuyo.com/4989/

住宅ローン返済中に不動産を売る方法

⑦住宅ローンを利用せずに購入するのであれば、上記⑥で挙げた行動の自由が制限されることはありません。売却することもできますし、賃貸経営の煩わしさはありますが、賃貸に出すことで、他のエリアに引っ越しすることも可能です。

⑧転勤の心配もなく、終の棲家と決めたのなら購入しましょう。早期に購入すればするほど、完済が早まります。

⑨早期に完済できる、安めの物件を購入することで、住宅ローンに縛られず自宅を2件、3件と買い増していくことができます。個人的には自宅を購入するならば、この方法をおススメします。

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。