オーナー様の利益を最優先する不動産活用コンサルタント「不動産活用コム」

  • 03-5707-7650
  • 受付時間 9:00〜18:00 水曜日 定休

競売になってしまうまえにしておくべきこと

 

一生懸命働く!だけが対応策ではない

競売は融資を受けている人にとって最悪の事態です。そうならないため、少しでも滞納する予兆を感じたら、できること・考えられることは何でもするべきです。

「一生懸命働いて返済するしかない!」

と考え、身を粉にして朝も夜も休みなく働き、必死に返済する人もいます。なんとか滞納しないよう、返済を続けようとする気持ちは尊いですが、いつまでそのような生活を続けられるでしょうか?

一時的にはそのような生活を続けられるかもしれませんが、そのような無茶な生活を何年も続けていくことは不可能です。こうした生活が体を壊し、かえって返済が滞ってしまうことはよくあるケースです。

「がんばって働いて滞納しないように返済する」

ということ以外に、できることはあるのです。

返済期間を猶予してもらう

「給与が大幅に減った」

「共働きだったがそうではなくなった」

など、借り入れ当初とは、長い返済生活の中では、収入状況が大きく変動してしまうこともあります。一過性のもので、すぐに元に戻るのであれば、貯金に手を付けるなど、多少のやりくりで過ごすことは出来るでしょう。

しかし、復旧の目途が立っていないのであれば、それは滞納の予兆です。

「転ばぬ先の杖」ではないですが、金融機関に返済計画の見直しを依頼してみましょう。

金融機関としては、今の返済がキツイがために滞納され、競売になってしまうより、長く長期に渡って返済してもらった方が良いのです。

もちろん、返済計画の見直しが必ずしも認められるわけではありません。ただ、何もせずに手をこまねいて状況が悪化してしまうより良いでしょう。

相談できる内容は?

返済計画の見直しで相談できる内容は、以下の4点があります。

  1. 月の返済額を軽減
  2. ボーナス払いの中止もしくは減額
  3. 返済期間の延長
  4. 返済猶予

1.と4.の違いは、返済を減らす(1.)か、返済を一定期間止めるか(4.)の違いです。

ただし、返済を止めるといっても、利息だけは支払わなくてはいけません。利息をいくら支払っていても、それは返済ではないため、元金は全く減りません。十分ご注意しましょう。

任意売却を検討

返済を続けていくことが難しいので売却したい。が、

借入残高 > 売却金額

だと売ることはできません。

しかし、金融機関と交渉することで売却が認められることがあります。

競売になる前段階で、「任意に」売却することから「任意売却」と呼びます。

市場価格よりも大幅に安い金額で取引される競売と違い、任意売却は市場価格に近い金額で売却が可能です。

普通の売主が当然持つ、販売価格や金額交渉に応じるか否かの決定権が任意売却にはありません。しかし、競売と違って、あくまでも売主としての立場で不動産を売却することができます。

競売は最悪の場合、不法占拠者として強制的に追い出されてしまうこともありますが、その立場の違いは雲泥の差です。

競売に比べて金融機関にとっても回収できる額が多くなるので、金融機関、滞納者双方にとって非常にメリットのある方法です。

競売と任意売却の違いについて

まとめ

以上、競売になってしまうまえにできることについてでした。

返済が滞ってしまうことは、誰にでも起こり得ることです。しかし、そうなってしまったときに、

「休みなく働いて返済すること」

以外に対応策があるのを知っているか知らないとでは、その後の行動に大きな違いをもたらします。

まずは金融機関に現在の状況を説明し、返済プランの見直しをお願いしてみる。少しの見直しで数か月やりすごしたことで、状況が改善するかもしれません。

見直したにもかかわらず、状況は改善せず、結果滞納をしてしまったのであれば、任意売却を検討する。

まだまだこの段階でも諦めてしまうのは早すぎます。できることはあるのです。

諦めたらそこで試合終了です。

住宅ローンのしくみを理解する

全ての人がそうではありませんが、返済するのがキツクなってしまうのは、最初から無理な返済計画の元、マイホーム・自宅を購入してしまっているのかもしれません。

購入の初期段階から、住宅ローンのしくみを理解し、自分にとって無理のない物件を購入することが、滞納しない最大の予防策です。

転ばぬ先の杖ではないですが、自分を助けるのは自ら蓄えた知識がもたらす「知恵」です。

Pocket

よく読まれている記事

  • きねや不動産
  • 空き家管理センター
  • 賃貸物件情報
  • 不動産活用コンサルタント 楯岡悟朗
ページのトップへ戻る