共有名義で相続した練馬区内土地の一部売却

3人が共有で土地を相続。うち2人が売却して現金化したいが、どう進めたらいいかという相談。

まずは相続人の各持分に応じて、土地家屋調査士に分筆プラン作成を依頼。プラン確認後、土地の分筆登記を申請し、売却活動スタート。買い手が決まり決済までの間に、分筆登記を完了させその後、分筆した各土地に相続登記を申請。

スケジュールが決まっている中で、相続に絡む税理士、登記を担当する司法書士、分筆登記を担当する土地家屋調査士と相互に連携を取り合い、一つの案件をまとめ上げていった事例。

各専門家はその筋のスペシャリストだが、こうした複数の専門家が絡む業務の場合、自分の仕事だけ行っていけば良いという訳ではない。業務の詳細まで知る必要はないが、各専門家がどういうことを行っていて、その作業にどのくらい時間がかかり、必要な書類が何かなどを常に把握しておく必要がある。

不動産活用コンサルタントとしては、そうした専門家を一つにまとめ、各専門家の情報や進捗の共有を進めることが、大きな役割となる。

 

各専門家が業務内容を理解し、互いに手を取り合い、情報を共有していかなければこうした案件は成功しない

各専門家が業務内容を理解し、互いに手を取り合い、情報を共有していかなければこうした案件は成功しない

このエントリーをはてなブックマークに追加

楯岡悟朗が毎週お届けする無料のメールマガジン
「教養」としての不動産取引
メールアドレスを登録して購読できます。
読者購読規約
>> バックナンバー
 
250_bana 不動産活用コンサルタント
03-5707-7650

無料メルマガ登録

「教養」としての不動産取引


読者購読規約
>> バックナンバー
 

不動産活用コラム

不動産活用コム メニュー

楯岡悟朗 著書

関連リンク

よく読まれている記事

取引実績の記事

不動産活用コンサルタント