【長崎探訪】当時の竜馬が歩いたであろう道を歩いて亀山社中記念館へ

亀山社中記念館は、長崎でどうしても訪れて観たかったスポットの一つです。

 

亀山社中記念館とは?

坂本龍馬が仲間とともに設立した、日本で最初の貿易会社のような組織、それが「亀山社中」です。亀山社中記念館というのは、その本社があった場所に建つ建物を、幕末当時のそのままに復元した建物です。

狭い空間ではありますが、当時の雰囲気が満喫でき、龍馬が姉や妻のお龍に出した手紙などの資料を見ることが出来る、幕末・龍馬ファンには見逃せない場所です。

龍馬と中岡慎太郎が暗殺されたときの、血しぶきが飛んだ屏風もありましたが、これは臨場感がありましたね~。もちろん、もう赤くはないですが、確かにシミがついていて明らかに血の後です。見ものですよ。写真はNGです。ま、当然ですね。

反対に、受け付け入ってすぐ左に展示されている品は全て写真撮影OKです。というわけで遠慮なく撮ってきました(笑)

まずはこちら↓

当時、このような看板がここにかかっていたかは分かりません。ただの演出かもしれませんが、知った名前をたくさん見かけると、昔の友人に会ったかのような錯覚にとらわれます(笑)

龍馬の代名詞ですね↓

明治時代にこんなしゃれたブーツをはいていたなんて、斬新ですね~。

後ろに見える龍馬の下に取って触れる模擬刀があります。まあ、そんなものがあったらやるでしょう。

↑こんなにやけた武士はいなかったでしょうが。

亀山社中記念館までのアクセス

と、龍馬ファン、幕末ファンは狭い空間とはいえ、行く価値のある記念館ですが、問題はアクセスの悪さ。長崎の主要観光地は市内に集中していますが、この亀山社中記念館だけはかなり市内から離れます。

路面電車に乗り、「新大工町」という駅から歩いて約10分です。車は入っていけるような広い道ではありませんし、階段や坂を結構登らないといけません。頑張って歩くしかありません。

アクセスは最悪です。

しかし、恐らく龍馬が行き来した当時の道と、ほとんど変わらない道のり、風景だと思います。司馬遼太郎の「竜馬がゆく」のなかで、亀山社中へ向かう描写がありますが、それを思い出します。

 

私も読み直してます。

もちろん周囲の家は新しくなっていますが、亀山社中に向かう竜馬を追体験できる貴重な道のりです。龍馬ファンにとっては、この道のりを歩くだけでも楽しいと思いますよ。

そんな道を、物思いにふけりながら歩いていくと、民家にまぎれて突然現れるのが、こちらの記念館。

門をくぐればそこはもう幕末の世界。いってらっしゃい。

亀山社中記念館DATA

  • 入館料:300円
  • 住所:長崎市伊良林2-7-24
  • 電話:095-823-3400
  • 開館時間:9:00~17:00
  • 休館日:なし

 

Pocket

1 COMMENT

bupron cost

Thank you for each of your hard work on this web page. My aunt really likes going through investigations and it’s really obvious why. Most of us learn all of the lively method you offer precious suggestions through this web site and therefore strongly encourage response from visitors on this theme while our own simple princess is without a doubt understanding so much. Take pleasure in the rest of the year. Your performing a useful job.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。