オーナー様の利益を最優先する不動産活用コンサルタント「不動産活用コム」

不動産会社の些細な対応一つで結果が異なるというお話

不動産会社のほんの些細な対応で、その会社に依頼した売主さんやオーナーさんが成約に至るきっかけを失ってしまうというお話。

不動産オーナーから直接、売却や空室募集の依頼を受けた不動産業者のことを、物元業者と呼んでいます。

みなさんがA社に案内してもらった物件はすべてA社が物元業者というわけではありません。他の不動産業者が依頼を受けて募集している物件かもしれません。

A社が物元の物件であれば、内見する際の手配は簡単です。

<居住中の場合>

  • オーナーに連絡をして、内見の依頼や都合のよい日時の確認

<空室の場合>

  • A社がカギを預かっていることがほとんどなので、自由に内見できる

 

反対にA社が物元ではない、B社の物件に内見を希望した場合、ちょっと面倒です。

<居住中の場合>

  • B社に内見の希望を伝え、B社がオーナーに内見の依頼や都合のよい日時の確認

<空室の場合>

  • 現地にキーボックスを設置して番号を教える「現地対応」
  • B社による立ち合い
  • B社もしくは近隣業者までカギ取り

居住中の場合は、A社が物元であろうがなかろうが、間にB社が挟むだけなので、あまり変わりありません。問題は空室の場合です。

 

案内する側(A社)が楽な方法

空室の場合、対応方法が上記のように3つありますが、案内する側からすると最も楽な内見方法が「現地対応」です。なぜなら、おおよその時間を決めてさえすれば、いつ内見に行ってもいいのです。お客さんが遅れようが、時間が変更になろうが、誰に気兼ねする必要はありません。

これがB社による立ち合いだと、約束の時間に待ってくれているので、遅れる際にはなんらかの連絡が必要です。万が一大幅に遅れてしまって、B社の担当者に次の予定があった場合、その日は内見できなくなってしまう可能性もあるのです。

内見する物件がその物件だけであれば、遅れることも不測の事態もほとんどありません。しかし、同日に複数の物件を内見する場合、一件一件にかかる内見の時間や道路状況によって、予定より大幅に時間が遅れることはよくあります。

そんなとき、現地対応であれば、いくら遅れようが問題ありませんし、次の内見時間を気にして慌てることもありません。よって、内見させてもらう立場としては、現地対応が一番ベストなのです。

B社の最悪な対応は?

最悪な対応はカギ取りです。

「カギを取りに来てください」

というやつです。何度も書きますが、これは最悪です。

B社が内見する物件から歩いて数分とか、そんな距離ならなんの問題もありません。どうせ物件行くんですし。しかし、物件から数駅離れている会社に、取りに行くだけで15分もかかるようだと、案内する側に大きな行動の制限がかかります。

上でも書きましたが、案内する物件がそこだけであれば、これもやはりそれほど問題ではありません。ただ、複数の物件を案内する場合、カギを取りに行き、案内した後は、またそれを返しに行かなければならないのです。それにお客さんを付き合わさなければならないのです。要するにすごいめんどくさいのです。

内見するのが面倒だと・・・

オーナーの機会損失に繋がります。

A社が見繕った複数の物件を案内するとします。そのうちの一つ、B社の物件は駅から2,3駅離れたB社までカギを取りにいかなければなりません。その物件をどうしても見たいとお客さんに言われたわけでなければ、また、その物件がお客さんにピッタリだと思えなければ、A社は案内効率を考えて、その物件を内見候補から外してしまうのです。「現地対応」であれば、A社は内見するでしょう。なぜならめんどくさくないし、気楽に内見することができるから。

オーナーさんから預かったカギを大事に管理するのはもちろん重要なことです。しかし、悪意ある書き方をすれば、

「案内したければカギを取りに来い」

と呼びつけて、結局は第三者に貸し出すのですから、現地対応と状況的にはあまり変わりません。誰が何時に内見したかをしっかり管理してさえいれば、現地対応で問題ないはずです。カギ取りの不動産会社は結構多いのですが、わざわざカギを取りに来させる合理的な理由が何度考えても見つかりません。

これはB社に売却もしくは募集を依頼したオーナーにとっては、大きな機会損失につながります。カギ取りでなければ内見されたかもしれないのですから。物件は多くの人に内見してもらっても、契約できるのはその中の一人だけです。

しかし、内見する人の母数が多ければ多いほど、成約に至る可能性は高くなります。見てもらってなんぼです。A社含めお客さんを案内してくれる他業者が、できるだけ案内しやすいような環境を整えることが、物元業者であるB社の役割です。

一見するとこんな些細な点でも、物元業者の対応一つで、結果が異なりますよ、というそんなお話でした。

Pocket

ページのトップへ戻る