オーナー様の利益を最優先する不動産活用コンサルタント「不動産活用コム」

  • 03-5707-7650
  • 受付時間 9:00〜18:00 水曜日 定休

購入と賃貸、どっち?

こんな記事を目にしました。

賃貸VS購入 いったいどっちがお得なの?

得とかそういう話ではない気がしますが、この手の議論はよく見かけます。当事者の背景や将来設計にかかわることですから、

「人それぞれ」

です。万人に適用できる結論などありはしません。ただ今回、戯れにフローチャートを作ってみました。かなり乱暴ですが、それなりに的を得ていると思います。個人的な見解が大いにちりばめられていますので、当然のことながら、万人に当てはまるものではないということをご理解のうえ、ご覧ください。図の下部に補足説明もありますので、併せてご確認ください。

 

*以下補足です。

②お金をかけずに生活するには、実家しかありません。

③ここが購入か賃貸の最も大きなポイントです。そもそも不動産を所有したいかしたくないか。したくないなら無理して購入する必要はありません。

⑥住宅ローンを利用して自宅を購入すると、返済期間中は生活が著しく制限されます。飽きたからといって、簡単に住み替えすることは出来ませんし、急に転勤になってしまうかもしれません。長期に渡る返済生活は、その間の生活や移転の自由を放棄することにもなるのです。

参考までに以下の記事もご覧ください。

⑦住宅ローンを利用せずに購入するのであれば、上記⑥で挙げた行動の自由が制限されることはありません。売却することもできますし、賃貸経営の煩わしさはありますが、賃貸に出すことで、他のエリアに引っ越しすることも可能です。

⑧転勤の心配もなく、終の棲家と決めたのなら購入しましょう。早期に購入すればするほど、完済が早まります。

⑨早期に完済できる、安めの物件を購入することで、住宅ローンに縛られず自宅を2件、3件と買い増していくことができます。個人的には自宅を購入するならば、この方法をおススメします。

 

Pocket

  • きねや不動産
  • 空き家管理センター
  • 賃貸物件情報
  • 不動産活用コンサルタント 楯岡悟朗
ページのトップへ戻る