「資産価値」の考え方

人はマイホームを購入しようとすると、その時の自分(*世帯)で買える金額の、最大の力を発揮して(*全力で)購入しようとします。もちろんそれが悪いというわけではありません。

「自分の気に入った街や生まれ育った街で、生涯に渡って家族生活を行っていきたい。家族も出揃い、今後20年近く家族構成が変わることがないのなら、なるべく良い住まいで生活していきたい」

と望むことは正しいです。それを理解したうえで、返済比率いっぱいで融資を組んで、全力で購入するのは問題ありません。

ただ、そこに「資産価値」というものを絡めようとすると、話がおかしくなります。

「資産価値が高い物件を」

と言われる方が多いのですが、自宅として購入したマイホームを、「資産」に出来る人もいれば出来ない人もいます。

例えば、いわゆる資産価値の高いエリアの、1億円のマンションを、9,000万円の融資を受けて10年前に買った場合。10年後の現在、相場で売れる金額が8,000万で、なおかつ残債が8,000万以上あった場合、それは「資産」ではなく「負債」です。

逆にそれほど資産価値の高いわけではないエリアで、10年前に2,000万円の物件を購入し、10年間で全額返済していたとしたら、その時の相場で売れる金額の「資産」を持つことを意味します。

つまり、

「資産価値の高いエリアにある物件」

「人気のある物件」

を購入することが、「資産」を手にすることではないということです。

 

「理想の我が家」と「資産」一挙両得を期待してはいけません

「理想の我が家」と「資産」一挙両得を期待してはいけません

 

もし、マイホームとして購入した物件を、人生の資産設計に組み込んでいきたいと思うのなら、全力で購入することはなるべく控え、5年、10年という短いスパンで返済していける手頃な物件を、若い時から買い揃えていくことをオススメします。家族の要求をすべて叶える理想の我が家は後回しです。

「資産として物件を持つこと」

と、

「理想の我が家」

2つの夢を同時に叶えることは難しいです。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

楯岡悟朗が毎週お届けする無料のメールマガジン
「教養」としての不動産取引
メールアドレスを登録して購読できます。
読者購読規約
>> バックナンバー
 
250_bana 不動産活用コンサルタント
03-5707-7650

無料メルマガ登録

「教養」としての不動産取引


読者購読規約
>> バックナンバー
 

不動産活用コラム

不動産活用コム メニュー

楯岡悟朗 著書

関連リンク

よく読まれている記事

不動産購入の記事

不動産活用コンサルタント