抵当権(ていとうけん)

金融機関からお金を借りて不動産購入を行うと、必ず担保になる物件に付く権利。突っ込んで話しだすと本が一冊書けてしまうほどなので、簡潔にかいつまんで説明すると。。。

「(金融機関が)貸したお金が返ってこない時、強制的に担保物件を売って(*競売『けいばい・きょうばい』という)貸したお金を回収出来る権利のこと」

ちなみにお金を借りた人が、「ダメだ、もうこれ以上返していけない!」と、債権者(お金を貸した金融機関など)と相談して、自主的に売却することを任意売却という。

このエントリーをはてなブックマークに追加

楯岡悟朗が毎週お届けする無料のメールマガジン
「教養」としての不動産取引
メールアドレスを登録して購読できます。
読者購読規約
>> バックナンバー
 
250_bana 不動産活用コンサルタント
03-5707-7650

無料メルマガ登録

「教養」としての不動産取引


読者購読規約
>> バックナンバー
 

不動産活用コラム

不動産活用コム メニュー

楯岡悟朗 著書

関連リンク

よく読まれている記事

た行の記事

不動産活用コンサルタント