簡易査定、正しい依頼の仕方

不動産会社に簡易査定(電話査定)を依頼しようとする人へ、実際にどのようにアプローチしていけば良いのかのアドバイスです。

まず最初に、電話での簡易査定を希望している旨を伝え、以下に記載する情報を伝えてください。「個人情報はあまり開示したくない」と、不動産会社に対する不信感、不安感から過剰にそのように思われて情報を隠そうとされるお客様がいます。しかし、簡易とはいえ査定です。最低限の情報は伝えて頂かないと、不動産会社もたいした査定が出来ません。土地・戸建てとマンションでは伝えるべき情報も違ってきますので、分けてご説明します。まずはマンションです。

  • マンション名
  • 階数
  • 角部屋かどうか
  • 向き
  • 広さ

マンションの場合、住所ではなく、マンション名が分かればそれで十分です。世帯数が多ければ多いほど査定は簡単です。それだけ過去の成約実績も多く事例は豊富にあるはずです。現在売出中の他の部屋もあるかもしれません。上記の内容を伝えるだけで、大体の価格は分かります。次は土地・戸建てです。

  • 住所
  • (分かれば)地型……土地の形のこと
  • 間口の長さ
  • 前面道路の幅
  • 前面道路が私道か公道か
  • 土地の広さ
  • (戸建てなら)建物の広さ
  • (戸建てなら)構造
  • (戸建てなら)築年月

マンションとは違い、一戸建てには同じものが二つとしてありません。場所が分からなければ精度ある価格は出せません。ですから場所を特定する住所は必須です。

物件種類ごとに簡易査定の依頼方法を書いてきましたが、結論から言うと、「査定してもらいたい物件の所在地と連絡先を伝えて、後日プロである不動産会社に調査してもらった結果を電話で報告してもらう」というのが、簡易査定の一番手っ取り早い方法です。

簡易査定を依頼するきっかけは、「いずれは売却を考えているけど今じゃない」「将来の参考のために」「わざわざ自宅に来てもらうほどでもない」といった緩い理由でも全く構いません。もっと気楽に聞いても良いと思います。

不動産会社の中には、直近の顧客になりえないことが分かると、あからさまに態度が急変する不動産会社もあるかと思います。それはそれで、「この業者はそういう対応なんだな」と将来の依頼先候補からバッサリ切ることが出来ます。今後、実際に業務を依頼するかもしれないときのために、不動産会社の対応を、今のうちに「査定」出来る良い機会と捉えてみたらどうでしょうか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

楯岡悟朗が毎週お届けする無料のメールマガジン
「教養」としての不動産取引
メールアドレスを登録して購読できます。
読者購読規約
>> バックナンバー
 
250_bana 不動産活用コンサルタント
03-5707-7650

無料メルマガ登録

「教養」としての不動産取引


読者購読規約
>> バックナンバー
 

不動産活用コラム

不動産活用コム メニュー

楯岡悟朗 著書

関連リンク

よく読まれている記事

不動産売却の記事

不動産活用コンサルタント