オーナー様の利益を最優先する不動産活用コンサルタント「不動産活用コム」

不動産の売却一括査定サイト利用の3つのメリット

 

メリット1.複数の不動産会社にまとめて査定を依頼できる

単純なメリットとしてはこれです。

知り合いや友達に、気軽に査定を信頼できる不動産関連の人がいればよいですが、そのような人が近くにいる人ばかりではありません。

もし不動産を査定しなければならない事情があれば、まずは誰もが知る大手の不動産会社か、地元で目にする不動産会社に問い合わせをし、事情を話した上で物件の情報を伝え、査定を依頼するしかありません。

査定の結果、その不動産会社と、提示された金額を全面的に信用するのであれば、わざわざ他社に査定を依頼することはありません。

しかし、

本当にこの査定価格は適正なのか?

と疑問に感じた場合、どうしますか?

そう思ったときは、セカンドオピニオン的に他社にも重ねて査定を依頼するのがベストです。ところがまた一から査定を依頼する不動産会社を探し、問い合わせをし、査定に来てもらい・・・と、非常に面倒です。

一括査定サイトを利用すれば、査定する事情を話すことなく、こちらが情報を入力するだけで一度に複数の不動産会社に査定を依頼することが可能です。非常に簡単です。

メリット2.査定価格の平均値を取ることができる

何度も書いてますが、不動産の査定というのは

「類似物件の売り出し事例と過去の成約事例を元に算出する予想」

です。

例えばA地域の物件を査定する際には、同じくA地域の条件が似た売り出し事例や成約事例を参考にします。査定する不動産会社が査定に利用するデータに大きな違いは本来生じないのです。

ですから各社、多少の「味付け」程度の誤差はどうしたって生じますが、概ね同じような価格が提示されます。一社だけならまだしも、査定を依頼したすべての不動産会社が、大体同じような価格を出してきたのなら、その数字は信憑性の高い金額だということが分かります。

メリット3.不動産会社を取捨選択できる

査定結果で、不要な不動産会社を排除することが可能です。

メリット2で

「参照するデータが同じなのだから、査定結果に大きな違いは生じない」

と書きました。とはいえ、中には飛びぬけて高い査定をしてくる不動産会社があります。その結果から以下のことが分かります。

  1. 査定に利用する適切なデータを選べない(経験不足)
  2. 確信犯的に高い査定価格を提示(売却の依頼欲しさ)

1.については説明不要でしょう。極端な例を挙げると、A地域の物件を査定するのに、B地域の類似物件を利用するなどです。

2.については、どこよりも高い査定価格を提示することで、依頼者からの売却依頼を取ろうとすることです。不動産の一括査定サイトを「中古車一括買取サイト」と同様なものと勘違いしている一般消費者はまだまだ多いです。

中古車一括買取サイトであれば、一番高い買取価格を提示したところが、その価格で買い取ってくれます。しかし、不動産の査定の場合、上でも書きましたが、査定価格というのはただの予想であり、査定した会社が買取を保証するものではありませんし、成約を約束するものでもありません。

消費者の認識が甘いのをいいことに、あたかも自分たちに任せてくれれば、他社よりも高く売れると思わせる行為を平然と行う不動産会社は、相手にしない方がいいでしょう。

不動産一括査定サイトを利用するメリットの3つ目として、このようないい加減な査定をする不動産会社を判別し、予め排除することができます。

まとめ

複数の不動産会社からの査定価格を収集し、査定価格の平均値を取ることで、信憑性の高い金額を把握することができるのが、大きなメリットです。

マジメな査定行為を行っている不動産会社は多いですが、中には本文で書いたような、自社の利益だけを考えたいい加減な査定をする不動産会社も紛れ込んでいます。

一括査定サイトに依頼したら、提示された金額がバラバラでどこが正しいのかが分からない。どうしたらいい?

と、宅建協会の本部に問い合わせをしたお客さんの話を聞いたことがあります。公式なコメントではないとのことですが、その時は、

下から2番目位の不動産会社を選んでおけばいいんですよ

と言われたそうです。

つまりあまり高い査定金額は信用するな、ということですね。私もそう思います。ご注意ください。以下の記事はデメリットについてです。あわせてどうぞ。

不動産の売却一括査定サイト利用のデメリットは?

Pocket

ページのトップへ戻る