オーナー様の利益を最優先する不動産活用コンサルタント「不動産活用コム」

オフィスで使う椅子をバランスボールにしてみた

オフィスチェアを変えようと思った理由

ちょっと前からオフィスで使用する椅子を変えようかと考えていました。なんの変哲もないこんな椅子を使っておりました。

仕事柄、都内近郊、さまざまなところに出かけているようにみられますが、予定のない日は、会社から一歩も出ないこともよくあります。

そんなときは、ずっと椅子に座りながらデスクワークをするのですが、最近、座り続けることが辛くなってきました。

別に腰痛や肩こりがあるわけではありません。しかし、なにかおさまりが悪いというかなんというか、座り続けるのがしっくりこないのです。背もたれに背中を倒して、足を前に放り出し、だらしない格好でデスクワークをすることも頻発。

作業効率の悪さを実感したわけではないですが、そんな恰好でする作業が正しいであろうはずがありません。きっと悪いのだと思います。

いっそのこと、オシャレなIT企業のように、立って作業するスペースを作ろうかとも思いましたが、狭い社内のためそれもかなわず。

また、この時期は暑く蒸れることも要因のひとつです。なので革張りのいいものを導入し、座り心地を向上させてみようかと、ネットで物色してみたのですが、どれも一般的なもので、どうも面白くありません。

ハーマンミラーは高すぎる

デザイン的に素敵だな~と思ったものは、メッチャ高かったり。こんなのとか。

なるほど、これが有名なハーマンミラーというやつですか。椅子に対してそれほどこだわりがない私には、高すぎるお買い物です。却下。

バランスボールをオフィスチェアに

そんな「オフィスチェアジプシー」と化していた私ですが、以前、バランスボールを椅子として使っている企業の記事を、ネットニュースで見ていたことを突然思い出しました!

「これは面白い!」

もはや面白いか面白くないかになってしまっていて、当初の目的を完全に見失ってしまっていますが、さっそく

「バランスボール 椅子」

で検索。良さそうなやつを見つけました!

 

他にもいろいろありましたが、これがデザイン的にもオフィスチェアとして使用するのにもピッタリ!と感じたので、その場でポチって翌日届きました。さすがAmazon、仕事が早いです。

ジェリーフィッシュチェアーの特徴

元IKEAの専属デザイナーである「ルドガーアンダーソン」という人がデザインしています。洗練されていてとってもオシャレです。色はたくさんあり選ぶことができます。

付属の台の上にバランスボールを乗せ、ボールが転がってしまうことはありません。台とバランスボールをシートで上から被せるので、バランスボールの材質である塩化ビニルが発するゴム臭は一切しません。

シートはポリエステル製で触り心地はよく、座っても蒸れることはありません。高さは51㎝とありますが、座ると少し沈み込むので、実際はもう少し低くなるはずです。

私の身長は172㎝で、足も長くもなく短くもない(と信じています)ですが、座った感じ、今までの椅子と比べてデスクワークがし辛いとは感じません。

こんなDVDもついてきますが、私はまだ見たことがありません。

良かった点

基本、どう座ってもいいので、浅めに腰かけても深めに腰かけても好きなように座れます。その自由度がなんとも心地よいです。そこにただ置いてあるだけなので、気軽に腰かけられます。

また、普通の椅子だと、椅子を引き出し回転させてから座るじゃないですか?たいした作業ではないですが、それが全くないので、ノーストレスです。というかその行為にいままでストレスを感じていたことに初めて気づきました。

それとモジモジしやすいです(笑)。座った状態で、腰を前後左右上下に動かすことができ、よいストレス発散になります。いまも小刻みに動きつつ、ボヨンボヨンしながらこの記事を書いています。

エクササイズをしてるつもりはないですが、実はこれが軽い運動になっているようです。肩こりや腰痛が改善されるらしいですよ。

そして最後に。安定して座ろうとすると、自然に背筋を伸ばさなければなりませんので、姿勢は良くなりそうです。

悪かった点

今のところ、悪い点は思い浮かびません。使い続けていけば出てくるかもしれないので、その時にはここに追記していきたいと思います。

まとめ

気軽に座れるし、座り疲れたら軽いエクササイズもできる。デスクワークするのにも差し支えないし、椅子周りにスペースができスッキリ。お値段も1万円ちょっと。まあこんなものかな。満足してます。

気になる点としては今後の耐久性ですね。以前、バランスボールを自宅に導入しましたが、わずか数日でお蔵入り。ほとんど使っていなかったので、劣化のしようがありませんが、こちらはほぼ毎日座るものです。どの程度劣化していくのかを、今後は注視していきたいと思います。

いまではワタクシの立派な椅子となっています。

Pocket

ページのトップへ戻る