落語家に学ぶ!スベらない話の作り方

多数の友人が理事を務める、一般社団法人が主催する勉強会に参加しました。

テーマは

「真打の落語家に学ぶ 客席の心をつかむ話し方 ~あなたにも作れるスベらない話~」

常日頃、スベらない話の一つ、二つ持っておきたいと願う私は、この日を楽しみにしておりました。私以外にも鉄板ネタを欲している人が多いのですね。満員御礼で、室内は人が溢れんばかり。登場されたのは真打の落語家、林家ぼたんさん。女性の噺家さんです。

勉強会がスタートして、挨拶から始まりましたが、少し話し終えると突然!落語が始まりました。私自身、落語を聞くのは人生で初の経験です。基本的な落語ということでしたが、やはり話し方のプロ、ぐいぐいと引き込まれてしまいました。

「お~い!」

と目を呼びかけられた時には、話の中の登場人物が呼んでいるにもかかわらず、実際、参加者に対して呼びかけているようで、臨場感は半端なかったです。

そんな話し方のプロ、ぼたんさんがおっしゃるには、

「一方的に話すのが好きだから落語家になった」

と。そして

「人は基本的に話すことが好き」

だから

「話すことが苦手だと認識しているのであれば、聞くことに専念してみるのもいい」

そしてスベらない話を身につけていくには、

「1に練習、2に実践。3,4がなくて5に少しの図々しさ」

ということでした。確かに、思い付きでスベらない話を言おうと思っても、我々は芸人さんではありません。さんまさんやタモリさん、鶴瓶さんなどを真似ようとしても、できるはずがありません。

普段何気なく交わす会話の中で、ウケた話や、笑ってくれた話をストックし、様々なところで実際に何度も話すことで、鉄板ネタに昇華していくのだと思います。いままでなんとなく話していたことを、今後は意識して自分なりの鉄板ネタに仕上げ、ストックしていくことができたら、今よりももうちょっと面白い人間になるかなと。

あと、すぐに使えるなあっていうテクニック?というか心構えも教えて頂いたのですが、

「自分が先に笑わない」

ってことです(笑)。これ、すごく身に覚えのある話で、自分的には面白い話を話していて、オチの前に先に自分が

「フフッ」

と笑ってしまうことです。これをしてしまうと、周りが引いてしまって、面白い話も面白くなくなってしまうんだそうです。確かにそうかもなあと、過去の自分の体験を思い出すと思い当る節が多数。。。何があろうと自分が先に笑わない!仮に受けなくても、自分が笑っていなければ、

「え?俺の話終わったけど、何か?」

と、そのままなかったことにしてスルーできるという、予防線も貼ることができるのです(笑)これだけは今日からでも実践できるテクニックですね。

Pocket

1 COMMENT

ABILIFY prices

I am commenting to let you know of the great encounter my friend’s daughter found reading your web page. She figured out numerous issues, not to mention what it’s like to have a wonderful giving mood to have men and women really easily have an understanding of selected hard to do subject areas. You really exceeded our own expectations. Many thanks for imparting the interesting, safe, explanatory and even easy thoughts on the topic to Janet.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。