任意売却(にんいばいきゃく)

競売になる前段階で、文字通り「任意に」売却することを言います。競売は市場で取引される価格よりもかなり安くなるため、お金を融資している債権者の回収額は少なくなります。反対に任意売却は市場価格に近い金額で売却も可能です。回収額が多くなるので債権者はもちろん、債務者(売主)にとってもメリットのある話です。

しかし、売却したところで、借りている金額全てを返済出来る訳ではありません。任意売却で不動産を売却する為には、債権者(*融資機関)の同意を得なければいけません。売主は売却金額などについて希望を言う権利はなくなります。

販売を行う不動産業者は、債権者の売却希望金額をもとに、販売活動や金額の交渉を行うことになります。つまり売却活動時に、本来であれば主体的に関わることになる売主が、全く関われなくなるということです。

 

任意売却

売却活動に一切関われなくなります

 

売ったお金は全額債権者が回収し、売却にかかる諸経費(仲介手数料、印紙代、登記抹消費用)負担は売主にはありません。少し前は、高めの引っ越し費用を見積もって、売主に再スタートのためのお金を少しでも多く残してあげることが出来ましたが、今ではそうした小細工も通用しなくなっています。引っ越し費用とはいってもたいした額ではありません。

ちなみに固定資産税やマンションの管理費・修繕積立金などの滞納金は、負担してもらえません。これだけは自力で捻出しなければいけません。

競売と同じく、早期の相談が一番の特効薬です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

楯岡悟朗が毎週お届けする無料のメールマガジン
「教養」としての不動産取引
メールアドレスを登録して購読できます。
読者購読規約
>> バックナンバー
 
250_bana 不動産活用コンサルタント
03-5707-7650

無料メルマガ登録

「教養」としての不動産取引


読者購読規約
>> バックナンバー
 

不動産活用コラム

不動産活用コム メニュー

楯岡悟朗 著書

関連リンク

よく読まれている記事

な行の記事

不動産活用コンサルタント