土地を買取業者に買ってもらうケース

不動産の買取を行っている会社は多数あります。

「何か買取できそうな物件はありませんか?」

という感じで、我々不動産会社のところに飛び込み営業をかけてくる、買取業者の営業の人がたくさんいます。買取業者のビジネスモデルは非常に簡単です。つまり、

「安く買って高く売る」

につきます。

安く買った土地をキレイに整地したり、または新築を建てて商品に仕立て上げ、一般消費者に買ってもらう訳です。仕入れ(買取)時に高く買ってしまうと、事業が成り立ちません。必然的に金額が安くなってしまうのは否めません。

買取業者を利用する例

売り手としてはわざわざ買取業者に売る必要はないように思えます。しかし買取業者を積極的に利用するケースもあります。

土地が広すぎる場合

例えば、土地が広すぎる場合。土地の相場が坪単価100万だとして、単純計算で30坪だと3,000万です。200坪だと・・・2億です。いくらその地域の相場が坪100万が妥当だったとしても、広ければそれだけ総額は上がります。

冷静に考えて3,000万の土地を買える人は多くいると思いますが、2億出せる人はそうそういません。つまり土地が広ければ広いほど総額は増え、手を出せる一般消費者は減る訳です。このように大きすぎて買い手を見つけることが難しい物件は、買取業者に買ってもらった方が良い場合が多いです。

物件に心理的な瑕疵がある場合

2つ目のケースとして、敷地内で自殺や事件などがあり、物件に心理的な瑕疵がある場合。
一度そうした瑕疵がついた物件を売るのは、周囲の評判などもあり至難の業です。

「安くしか売れないんだったら売らない方がマシ」

というのであれば無理に売る必要はないでしょう。

ただ、持っていても使わない。今後もそうした予定はない。安くなっても構わないから現金化したい。というのであれば、瑕疵など難がある物件を買取業者に買ってもらうのも手です。

  1. 土地が広すぎる
  2. 物件に難、瑕疵がある

とりあえず上記2点にあてはまるようなら、一度買取業者に金額を出してもらっても良いと思いますよ。

買取業者の使い方まとめ

買取業者は高く買ってくれない」

というのは確かにその通りですが、全てがそう、という訳ではありません。物件によっては一般消費者が買うような金額で、検討してくれる会社もあります。結局は物件次第、と言うことです。

我々のような不動産会社が見れば、買取業者でも検討できそうな土地か、そうではないかのざっくりの判断は出来ます。私が査定に伺って金額を提示する際には、その辺りも踏まえてご提案するようにしています。

買取業者=安く買いたたく=悪

と認識を持っている売り手さんが意外と多いのですが、要は使いようです。そうした使いようを正しくアドバイス出来るのも、売却を任される不動産会社の役目だと思いますよ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

楯岡悟朗が毎週お届けする無料のメールマガジン
「教養」としての不動産取引
メールアドレスを登録して購読できます。
読者購読規約
>> バックナンバー
 
250_bana 不動産活用コンサルタント
03-5707-7650

無料メルマガ登録

「教養」としての不動産取引


読者購読規約
>> バックナンバー
 

不動産活用コラム

不動産活用コム メニュー

楯岡悟朗 著書

関連リンク

よく読まれている記事

不動産売却の記事

不動産活用コンサルタント