マンション低層階のメリット

マンション低層階を購入するメリットとして、以下の5点が考えられます。

  1. 上層階に比べて涼しい
  2. 上層階に比べて安い
  3. 災害時避難が容易、すぐに外に出れる
  4. (下に住戸がなければ)下の住民を気にしなくてもよい
  5. 専用庭

1.上層階に比べて涼しい

一戸建てでも、2階は暑く1階はひんやりとしています。高層階になればなるほど、太陽が近くなるので致し方ありません。「解放感がある」とは言い方を変えると、日差しを遮るものがない、ということです。

2.上層階に比べて安い

部屋の条件が同じであれば、階が上にいくほど金額は高くなります。しかし、前提としてエレベーターが設置されていることが条件です。エレベーターが設置されていないマンションでは、逆転現象が起きます。つまり、低層階ほど高くなります。

3.災害時避難が容易、すぐに外に出れる

震災時、タワーマンションのエレベーターが動かなくなり、高層階の人たちが避難やその後の生活に不便を来しました。1階、2階、3階程度の低層階であれば、万が一の場合でも避難が容易です。

4.(下に住戸がなければ)下の住民を気にしなくてもよい

1階や下の住戸が駐車場スペースやエントランスの場合、下への騒音を気にせずに生活できます。特に小さなお子様(特に男の子)がいる家族なら受けるメリットは大きいです。一度、下からクレームが来てしまうと、生活全般、あらゆる局面で下の住戸に気を使わなくてはいけなくなり、大きなストレスを感じてしまいます。

5.専用庭

マンションによっては、専用庭が付いていることがあります。特に室内にこもっての育児は気が滅入ってしまいますが、気軽に外に出られるスペースがあるというのは、心に大きな余裕が生まれます。近隣への配慮は当然必要になりますが、時には外で食事をすることもできます。

メリットとデメリットは表裏一体です。

マンション低層階のデメリット

という記事と併せてご覧になってください。

→→→ マンション購入のご相談依頼はこちら(無料)

このエントリーをはてなブックマークに追加

楯岡悟朗が毎週お届けする無料のメールマガジン
「教養」としての不動産取引
メールアドレスを登録して購読できます。
読者購読規約
>> バックナンバー
 
250_bana 不動産活用コンサルタント
03-5707-7650

無料メルマガ登録

「教養」としての不動産取引


読者購読規約
>> バックナンバー
 

不動産活用コラム

不動産活用コム メニュー

楯岡悟朗 著書

関連リンク

よく読まれている記事

マンションを買うの記事

不動産活用コンサルタント