土地活用 アパート経営のメリットその3

これからアパート・マンションを建築し、経営していくメリットとしては、

「資産圧縮効果が大きい」

ということが挙げられます。

一棟アパート、マンションを建築するには当然、金融機関から融資を受けることになります。言い方を変えれば

「借金する」

ということです。

ただ、ここで要注意ポイント!

『資産が1億円あったとして、1億円の建物を全額融資を受けて行えば、

1億-1億=0

となり資産は0、つまり相続税はかからない』

と考えがちで、実際そのようにアドバイスするところもありますが、そういうわけではありません。借金で建てた建物とはいえ、新築の一棟アパートは資産としてみなされます。1億円で建てた一棟アパートの評価額を、仮に7掛けの7,000万とすると・・・

1億(資産)+7,000万(一棟アパート)-1億(借金)=7,000万

簡単な例ですが、7,000万に対して課税されるという計算になるのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

楯岡悟朗が毎週お届けする無料のメールマガジン
「教養」としての不動産取引
メールアドレスを登録して購読できます。
読者購読規約
>> バックナンバー
 
250_bana 不動産活用コンサルタント
03-5707-7650

無料メルマガ登録

「教養」としての不動産取引


読者購読規約
>> バックナンバー
 

不動産活用コラム

不動産活用コム メニュー

楯岡悟朗 著書

関連リンク

よく読まれている記事

土地活用の記事

不動産活用コンサルタント