土地活用 駐車場経営のメリットその3

駐車場経営のメリットの一つとして、

「節税効果」

があります。

節税効果

駐車場経営を行うことで、相続時の評価が、更地と比べて2分の1になります。しかし、これには以下のような適用条件がありますので、注意が必要です。

適用条件

  • 必ずしもアスファルトやコンクリート敷きにする必要はないが、砂利敷きだと砂利の量や敷き詰め方により、適用外になることがある
  • 適用されるのは200㎡まで。超えた敷地については適用外となる
  • 継続性のある駐車場経営を営んでいること
  • 駐車場の形式にしただけで実際に貸出の事業を行っていないのであれば適用外

少なくとも上記の適用条件を満たしておく必要があります。

注意点

節税効果はあくまでも

「更地」

に比べて、です。

万が一、土地上に空き家がある場合、固定資産税は軽減措置を受けています。

しかし、それを解体し駐車場にしてしまった場合、軽減措置適用外となり、固定資産税が大幅に跳ね上がります。結果、駐車場経営から得られる利益が、税金で全て帳消しになってしまうケースも考えられます。

十分注意しましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

楯岡悟朗が毎週お届けする無料のメールマガジン
「教養」としての不動産取引
メールアドレスを登録して購読できます。
読者購読規約
>> バックナンバー
 
250_bana 不動産活用コンサルタント
03-5707-7650

無料メルマガ登録

「教養」としての不動産取引


読者購読規約
>> バックナンバー
 

不動産活用コラム

不動産活用コム メニュー

楯岡悟朗 著書

関連リンク

よく読まれている記事

土地活用の記事

不動産活用コンサルタント