更新を機に退去する入居者への対策

「長く住んだし、更新料払うのもったいないから退去しよう」

更新が近づくと、住んでいる部屋に別段不満はないけれど、このように「ぼんやり」した理由で退去する入居者は非常に多いのです。なんとなく更新料を払うことがもったいなく感じてしまうんですね。こうしたケースの場合、

「更新料いらないけど?」

と、伝えてみることは非常に効果的です。通常、更新作業を管理会社に依頼すると、事務手数料として更新料の半額(プラス消費税)がかかります。更新料を入居者からもらわないということは、その手数料が自己負担ということになります。

それを嫌がるオーナーさんがいますが、冷静になって考えてみてください。1か月分の収入を我慢するだけで、この先1年、2年賃料を払い続けてもらえることを考えたら、長期的に考えたら得だと思いませんか?賃貸経営を行ううえでもっとも重要なことは、目先の収支ではなく、長期的な展望で考えることです。

仮に退去されてしまえば、次の入居者が決まるまでの収入はゼロになってしまいます。退去後、幸いにして1,2ヶ月で新しい入居者が決まれがそれに越したことはありません。しかし借り手市場で競合物件が山ほどあるこのご時勢、そんなに簡単なことではありません。空室をなくす一番の対策は「入居者に退去されないこと」。つまり空室を作らないことなのです。

入居者が更新前に退去する旨を聞かされたときは、

「更新してくれるなら更新料いらないよって伝えてみて」

と管理会社から入居者に伝えてもらいましょう。

伝えたところでどのみち退去するかもしれません。しかし、「結婚する」とか「転勤になった」とか、退去理由に必然性や逼迫したものはないかもしれません。退去を決めたのは「なんとなく」、要するに「ちょっと気分を変えたいから」的なもの。それはそれで立派な退去理由かもしれません。ただ、上記のような強烈な退去理由がなければ、

「更新料払わなくていいなんて、ラッキー!」

と思ってくれて、ひょっとしたら退去しないで1年、2年住んでくれるかもしれません。引越しするというのはお金と大変な労力がかかります。

最後の悪あがきにみえるかもしれませんが、この程度の悪あがきで空室になるリスクを防げたら安い御用ですよ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

楯岡悟朗が毎週お届けする無料のメールマガジン
「教養」としての不動産取引
メールアドレスを登録して購読できます。
読者購読規約
>> バックナンバー
 
250_bana 不動産活用コンサルタント
03-5707-7650

無料メルマガ登録

「教養」としての不動産取引


読者購読規約
>> バックナンバー
 

不動産活用コラム

不動産活用コム メニュー

楯岡悟朗 著書

関連リンク

よく読まれている記事

賃貸経営の記事

不動産活用コンサルタント