売り先行の買い替えについて

自宅の売却が前提となる不動産購入計画のことを、「買い替え」といいます。言葉くらいは聞いたことがあると思います。単純に買い替えと言っても、

  1. 欲しい物件が既に決まっている場合
  2. 自宅が売れてから購入する物件を決める場合

によって2つのケースに分かれます。1.を「買い先行の買い替え」。2.を「売り先行の買い替え」といいます。双方にメリット・デメリットがあり、買い替えを考えるそれぞれの家庭の事情もあることなので、どちらが良くてどちらが悪いかというような話ではありません。今回は2.の「売りを先行した場合」のあらかじめ把握しておくべきメリットとデメリットについて解説していきます。

 

売却を先行した際のメリット

  • 希望通りの売却価格で買い替え計画が進められる
  • ゆっくりと販売活動が出来る
  • 売れなければいつでも計画をストップ出来る

購入を先行させる場合の買い替えと違い、まずは自宅の売却から始めることになります。

「いついつまでに必ず売却しなければならない」

といった、売却期間に制限はないので、腰を据えてじっくりと売却活動を行うことが出来ます。もちろん希望通りの金額で販売に出すことも出来ますし、万が一、納得できる金額で売れないようなら、いつ計画をストップしたとしてもなんの問題もありません。

「自宅が良い金額で売れるなら買い替えてもいいかな」

「いずれは住み替えしたいな」

と考えている人にとっては、比較的気軽にチャレンジ出来るのがメリットの一つです。自宅が売れて(*契約になって)初めて動き出すのですから。

買い先行の買い替えリスクは、

「自宅が結局のところいくらで売れるか分からない」

ことです。ひょっとしたら想定より安い金額でしか売れず、資金計画の見直しが必要な場合もあります。

それとは反対に売り先行の買い替えの場合、購入の契約を交わす前に自宅の売れる金額が確定されます。その時点で資金計画がバチッ! と決まるので、計画に大きなくるいが生じることはありません。

売却を先行しておけば、

「購入の契約を済ませてしまっているから早く売らないと!」

といった精神的な圧迫やストレスを感じることがありません。以上が売却を先行した場合のメリットです。では、デメリットにはどんなものがあるでしょうか?

住み替える(替えたい)物件が見つからないのがリスク

  • 自宅の引き渡しまでに購入する物件を見つけなければいけない

売却の契約が済むまではいつでも計画をストップすることが出来ますが、めでたく買い手が見つかり契約を交わしてしまうとそうはいきません。

「やっぱり売るのや~めた!」

と買い替え特約が付くことが一般的なので、契約を白紙に戻すことは可能ですが、

「欲しい物件が見つかったら」

といった程度で買い替え計画を進めることは、モラル的にいかがなものでしょう。

「見つけられなかったら行くところがない!」

と、後がないつもりで全力で探して頂きたいです。しかしそうは言っても、

「そんなに都合良く欲しい物件が見つかるかな?」

「妥協して選びたくないな」

このような心配をされる方が多いのは事実です。数年越しで物件を探されている人もいるくらいですから、この点がデメリットになるのでしょう。

しかし

「良い物件があればいずれは欲しいな~」

と期限を定めず何年も探している人(それが悪いというわけではありません)と

「この日までに絶対探すんだ!」

という強い気持ちで探す人とでは、物件を見る際の真剣度にどうしても差が出ます。そうなると当然、物件の見え方も全く違ってきます。上記のような強い気持ちを持って物件を探したにもかかわらず、結局見つからずに計画がとん挫した、もしくは後悔したと言う人は、私の経験からもそれほど多くありません。

全力で物件探しをする

「そんなに慌てて物件を探すのもな~」

と考える人もいるかと思います。人生に何度もない不動産の購入です。じっくりと比較検討したい気持ちは分かります。ただ、かけた時間に比例して良い物件が買えるというわけではありません。これから何十年もお住まいになるマイホーム。探す時間はそのうちの一瞬です。わずか数か月だけでも全力で物件探しをしてみる! そして必ず理想の自宅を見つけてみせる!

このように前向きに考えることが出来れば、決してデメリットなどではなく、逆に購入に向けての気持ちをさらにブーストすることができるのではないでしょうか?

万が一見つからなかったとしても、緊急避難的に一時的に賃貸に住む、という選択肢もあります。そこで腰を据えてじっくりと購入物件を探すということもできます。

売り先行の買い替えスケジュール

買い替えを成功に導くためには、仲介業者に任せきりにするのではなく、自身、買い替えのスケジュールを十分理解し、把握しておく必要があります。以下図が売り先行の買い替えに関するスケジュールです。まずはこちらをご覧ください。

6月1日が計画スタートとありますが、上図はあくまでも概念図です。実際は売却の契約を結ぶ前から物件探しを行うことが一般的です。

まとめ

最初にも書きましたが、購入先行・売却先行、どちらの方が良い買い替えか? 簡単に結論が出せるものではありません。ただ、どちらのリスクが少ないと言ったら、売却を先行させる買い替えとなるでしょう。

とはいえ、各家庭の事情によってメリット・デメリットは違ってきます。その辺りの違いを良く把握したうえで、より良い買い替えを選んでもらいたいと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加

楯岡悟朗が毎週お届けする無料のメールマガジン
「教養」としての不動産取引
メールアドレスを登録して購読できます。
読者購読規約
>> バックナンバー
 
250_bana 不動産活用コンサルタント
03-5707-7650

無料メルマガ登録

「教養」としての不動産取引


読者購読規約
>> バックナンバー
 

不動産活用コラム

不動産活用コム メニュー

楯岡悟朗 著書

関連リンク

よく読まれている記事

マンションの買い替えの記事

マンションを売るの記事

不動産売却の記事

不動産活用コンサルタント