オーナー様の利益を最優先する不動産活用コンサルタント「不動産活用コム」

隣地購入の際の注意点

隣地購入を希望する理由は?

「隣地を買いたい!」

という人からの相談を受けることがあります。隣地を購入したい人の動機は色々ありますが、多くは

  1. 自分の土地の間口を広げたい
  2. 将来は子供達を呼んで2世帯住宅を建てたい
  3. 自宅駐車場として使いたい
  4. 資産価値を上げるために地型を良くしたい

などが考えられます。

隣地を購入するには?

まずは隣地の人の意向を確認しなければなりません。意向を確認し、

「金額次第では売却を考える」

というのであれば、少し踏み込んで購入を検討できるようになります。しかし、当然のことながら、

「売ることは考えていない」

という回答の場合。こちらがいくら欲しい!と思ったとしても、隣地所有者に売る気がなければ、どう頑張っても購入はできません。当面は諦めるしかありません。

ただ、こちらが買いたい意向を持っているということはインプットされたはずです。

「隣地が買いたがっている」

という話はかなりインパクトがあるため、10数年前のことでも、そのことは覚えている人が多いのです。いつ具体的に売却に動き出すかは分かりませんから、長い目で見て、こちらの意向は伝えておいて損はないでしょう。

隣地所有者と日頃からご近所づきあいがあれば、ざっくばらんにこちらの希望を伝えてもいいでしょう。言いづらければ不動産会社に依頼してもよいでしょう。

隣地が駐車場や、空き家。または賃貸で貸しているようであれば、管理している不動産会社があるはずです。そこ経由で依頼できれば一番話が早いです。

隣地購入でやってはいけないこと

運よく購入で話が進んだとします。しかし、その段階で最もやってはいけないことがあります。それはより良い(*安い)条件で買おうとして条件交渉をしてしまうことです。

「隣地が買えるなら相手の言い値で買え!」

という言葉があるくらい、隣地を購入できるチャンスは限られます。

もちろん、売主によっては、こちらの足元を見てとんでもない金額を吹っかけてくることもありますし、こちらも購入できる価格に限度もあります。なので、決して条件交渉をしてはいけないわけではありません。

ただ、購入するにあたり、相場より高かったとしても、

「2度と手に入らない隣地の土地を買えるなんてものすごい幸運だ!」

と、考えておくとよいでしょう。市場に出た場合、その他大勢からすると数ある物件の一つかもしれませんが、隣地であるあなたにとっては、唯一無二の物件なのです。

まとめ

隣地は買おうとしても手に入るものではありません。機会を逃すとあなたが生きている間には、2度と手に入らないかもしれません。

なぜ欲しいのか?自分の人生で必要か?と損得関係抜きにして考える必要があるでしょう。5/16に新刊が出ます

 

Pocket

よく読まれている記事

ページのトップへ戻る