隣地購入する際の交渉について(売り手側からアプローチその2)

2つのケースがあります。

  1. 通常の売却
  2. 買ってくれる相手が他にいないケース

2.の場合は注意が必要です。他の人にとっては利用価値のない土地でも、購入を打診された買い手にとっては、利用価値が高く、メリットがある土地の場合です。以下の図をご覧ください。宅地Bは再建築に必要な

「公道に2m接道」

を満たしていない、再建築できない土地です。

%e9%9a%a3%e5%9c%b0%e8%b3%bc%e5%85%a5%e3%82%a4%e3%83%a9%e3%82%b9%e3%83%883

宅地Bの所有にとってみれば、宅地Aに買ってもらえなければ、二束三文でしか売れません。なぜなら、宅地C,D,Eにとっては、

「自分の土地が広くなる」

という単純で当たり前の結果は享受できますがそれだけです。このような状況であれば、宅地Aは言い値で購入せずとも、多少交渉をしても良いと思います。

しかし、そうは言っても、宅地Bの足元を見て必要以上に買い叩こうと思ってはいけません。他の人にとっては活用方法がない土地だったとしても、宅地Aの所有者にとっては大きなメリットを生む土地で、願ってもない話です。宅地C,D,EがAに先んじで「買いたい」と言ってこないとも限りません。節度ある金額交渉を心がけ、ぜひとも隣地購入を成功させてください。

→→→ 「隣地を買いたい」「隣地に売りたい」 ご相談依頼はこちら(無料)

このエントリーをはてなブックマークに追加

楯岡悟朗が毎週お届けする無料のメールマガジン
「教養」としての不動産取引
メールアドレスを登録して購読できます。
読者購読規約
>> バックナンバー
 
250_bana 不動産活用コンサルタント
03-5707-7650

無料メルマガ登録

「教養」としての不動産取引


読者購読規約
>> バックナンバー
 

不動産活用コラム

不動産活用コム メニュー

楯岡悟朗 著書

関連リンク

よく読まれている記事

隣地購入の記事

不動産活用コンサルタント