隣地を購入する方法

↓↓↓↓↓隣地購入に関するその他の記事はこちら↓↓↓↓↓

隣地を購入したいと思ったら、アプローチは2つあります。

  1. 直接隣地の人に欲しい旨を伝える
  2. 近隣の不動産会社に依頼する

1.直接隣地の人に欲しい旨を伝える

隣地の人と面識があり、ざっくばらんに話を切り出せる関係ならば、直接本人に打診してみることが一番です。いきなり不動産会社から手紙なり訪問されるより、成功率は高いと思います。話が進みいざ契約、という段階になれば、取引の安全性を考慮して、不動産会社に依頼すれば良いでしょう。

2.近隣の不動産会社に依頼する

隣地と全く面識がなく、言いだしずらい。また、住んでいない、という時は、不動産会社に依頼すると良いでしょう。大手の不動産会社では、

「隣地全部欲しい」

というのならまだしも、

「一部が欲しい」

というような時には、話だけ聞いてまともに動いてくれない可能性があります。こういう場合は、近隣で経営している地元の不動産会社へお願いしましょう。

住んでいない場合、登記簿を取って所有者の住所を調べてアプローチをかけます。しかし、登記簿上の住所は、引っ越しても書き換える義務はありません。ですから、アプローチをかけたとしても、記載上の住所には住んでいないというケースも多いです。

そうなっていると、もはや所有者を見つけ出すことは不可能となりますので、十分ご理解ください。

→→→ 「隣地を買いたい」「隣地に売りたい」 ご相談依頼はこちら(無料)

このエントリーをはてなブックマークに追加

楯岡悟朗が毎週お届けする無料のメールマガジン
「教養」としての不動産取引
メールアドレスを登録して購読できます。
読者購読規約
>> バックナンバー
 
250_bana 不動産活用コンサルタント
03-5707-7650

無料メルマガ登録

「教養」としての不動産取引


読者購読規約
>> バックナンバー
 

不動産活用コラム

不動産活用コム メニュー

楯岡悟朗 著書

関連リンク

よく読まれている記事

隣地購入の記事

不動産活用コンサルタント