タグ別アーカイブ: 一括査定

不動産の売却一括査定サイトとは?

 

複数の不動産会社に査定を依頼することです

一括査定サイト経由で依頼することが出来ます。

通常、不動産の査定を依頼するときは、不動産会社に問い合わせをしなければなりません。しかし、A社にしか査定を依頼しないのであれば、A社に問い合わすだけで充分ですが、A社、B社、C社の3社に査定を依頼したい場合、それぞれに問い合わせをしなければなりません。

一括査定サイトを利用すると、簡単に複数の不動産会社に依頼することができ、一度に複数の査定結果を知ることが可能です。

中古車買取や引っ越し見積もり一括サイトとの違い

同様のサイトで、

  • 中古車の一括査定サイト
  • 引っ越しの一括見積サイト

が有名です。実際に利用された方も多いのではないでしょうか?

上記2つは、査定した側が実際にその価格での取引を約束するものです。中古車の一括査定サイト経由で査定を依頼したところ、以下のような結果が出てきたとします。

  • A社:100万
  • B社:120万
  • C社:150万

当然、C社に買取を希望します。引っ越しの一括見積サイトだったらどうでしょう?

  • A社:10万
  • B社:12万
  • C社:15万

としたら、A社に引っ越しを依頼するはずです。

不動産一括「買取」査定ではない

では不動産一括査定サイトの場合を考えてみましょう。あなたが売却したい不動産を、一括査定サイトで査定を依頼したところ・・・

  • A社:2,000万
  • B社:2,200万
  • C社:3,200万

と出てきたとします。さあ、どこに売却を依頼をしますか?一番高い査定をしてきたC社に売却を依頼するかもしれませんね。実際にC社がその価格で買い取ってくれるのであればよいでしょう。

しかし、不動産の査定というものは、その金額での買い取り・成約を保証するものではありません。現在の売り出し事例や、過去の成約事例を元にして算出する「予想」です。

査定した側がその金額で買い取る(もしくは請け負う)のか、ただの予想か。これが中古車買取比較サイトや引っ越し一括見積サイト(買取 or 請負保証)と、不動産の一括査定サイト(予想)との大きな違いです。

一番高い査定金額を出したところが良いわけではない

中古車買取比較サイトや引っ越し一括見積サイトであれば、一番高い価格、もしくは一番安い価格を出してきた企業に依頼すればよいでしょう。

しかし、不動産一括査定サイトの場合、そうではありません。そもそも現在の売り出し物件や、過去の成約事例を元に算出するのが査定ですから、どこの不動産会社に依頼しても、それほど大きな違いは出てこないのが普通です。

それなのに、A社、B社の査定価格よりも1,000万近く高値で査定したC社の査定が信憑性のあるものとは思えません。多少の誤差ならまだしも、これほど大きな差がでるということは、「査定」というものがよくわかっていない能力不足な人が査定したか、確信犯的に最初から他社より高い査定金額をあえて提示しているかのどちらかです。

なぜ高い査定金額を提示するのか?

不動産の査定を、中古車買取比較サイトや引っ越し一括見積サイトと同様に考えている人がまだまだ多く、高い金額を提示することで、他社に先んじて売却の依頼を受けることができるからです。

それで実際に成約に至れば結果オーライかもしれません。しかし、結局は販売後、しばらくして、

予想以上にお客さんからの反応が鈍く動きがありません。金額を見直しましょう

と、売れないのは、あたかも物件に原因があるかのように伝え、徐々に金額を下げていくことがパターンです。

まとめ

「不動産の査定は、現在の売り出し事例や、過去の成約事例を元にして算出する予想である」

という認識を持ってさえいれば、確信犯的に高い査定金額を提示してくる不動産会社に乗せられることはありません。逆にそうした不動産会社を切り捨てることができ、適切な査定をしてきた不動産会社を選べるようになるのです。

以前と異なり、いまはインターネットで物件情報を数多く確認することができます。物件を購入しようとする買い手も、インターネットの情報を通して、ざっくりとした相場を把握するように努めるようになりました。つまり昔のように、情報格差を利用して不動産を相場より高く売ることなどできません。

「不動産を高く売る方法」なんてありません

他社より高い査定金額を提示してくる不動産会社ではなく、適切な価格を提示してくる

「正直な不動産会社」

が本当の味方になる時代なのです。

以下記事もご参考までにどうぞ。他社より高い査定金額を提示しようとする不動産会社の実態について書かれています。

不動産の査定を受ける時の注意点

不動産を売る人の気持ち

日常業務として年間何十件も不動産売買を経験している人でも、

自分自身の不動産を売った・買った経験を持ってる人って意外と少ないのです。

 

不動産業界で働いていると、

良いのか悪いのか分かりませんが、

高額な商品である不動産を取引することに慣れが出てきます。

 

不動産売買をする人にとっては、

一生に何度かあるかないかの一大事ですが、

不動産業者にとっては数多くある取引の一つでしかありません。

そのギャップを埋めるのは意外に大変で、

それが元でお客さんからクレームが発生したりすることもあります。

 

「あなたも不動産を買ったり売ったりすることが来れば私の苦労も分かるよ」

 

と、駆け出しのころ、

お客さんに言われたことがあります。

 

内心ムッとしたのですが、

おっしゃることももっともなのかなとも思いました。

 

不動産を買ったことも売ったこともない若造(当時20代)に、

高額商品の購入や売却を依頼するのですから、

当然と言えば当然。

 

自分が当事者になってみないと、

お客さんの本当の気持ちは分からないのだと思います・・・。

 

今回、私が生まれ育った自宅を売却することになりました。

 

恥ずかしながら今回、

生まれ育った思い入れのある自宅を売却することになって初めて、

自宅を売る人の気持ちがリアルに理解できました。

 

というのも以前は・・・

 

お客さんから売却の依頼を受けると、

査定を行いに自宅に伺います。

その際売主さんは、

少しでも自分の物件に良い印象を抱くように、

細かいポイントまでアピールする人がいます。

しかし売主さんがアピールするポイントというのは、

主観が入っていることがほとんどです。

 

「バルコニーからの眺めがとっても素晴らしいのよ!」

「一日中陽当たりが良くて、エアコンはいらないくらいなんですよ」

「このカウンターキッチンは使いやすくて本当に便利」

 

上記のようなアピールポイントは、

売りやすくなる要因にはなりえますが、

それが原因で、査定価格が大きく上下するものではありません。

確かにそのように売主さんは感じていたのかもしれませんが、

人によっては感じ方、捉え方が違います。

 

「陽当たりいいっていうけど、それほどでも・・・」

「駅近いっていうけど、10分でしょ?」

 

と、実際、お客さんがいうアピールを、

すんなり受け入れられない若い自分もいました。

 

しかし、今回、自宅を売るにあたり、

アピールポイントを考えた時、

 

「日当たりが本当に良かったなあ」

「目の前に咲く桜がとてもキレイでバルコニーでお花見が楽しめる!」

 

この2点はどうしても伝えたい!

と、強く強く思いました。

 

上でも書きましたが、

これらの要素が金額に反映するかというと、

それほど効果はありません。

そんなこと重々承知しています。

 

だけど!

伝えずにはいられない!

 

自分の感じているこの気持ちを、

新しい人にも感じてもらいたいし、

そう感じる人に買って欲しいからです。

 

このとき不覚ながらもはじめて

 

「ハッ!」

 

と売る人の気持ちが理解できたのです。

 

きっと私に今まで自宅の売却を依頼したお客さんも、

そのような想いを持っていたんだと思います。

 

だけど、その全てを受け入れて、

応えることはしてこなかったはずです。

心の底から申し訳ないと思いました。

 

トラブルなくスムーズに取引を終わらせる

 

私はそれさえ遂行できればよいと思っていました。

 

しかし、それ以上に、

自分の持っている物件への思いを、

少しでも多くすくいあげてもらいたいのだと。

 

一件一件の取引に

 

「血」

「体温」

そして

「思い」

 

それらを通わすことが、

何より重要なんだと思います。

 

本当に、より一層頑張ろうと心に決めました。