タグ別アーカイブ: わかる

競売と任意売却の違いについて

競売の前に任意売却を検討する

競売は、住宅ローンを利用して不動産を購入した人にとっては、最悪の結末です。ただ、滞納してしまったし、今後の返済を続けていくことができないと、そこで諦めてしまうのは早すぎます。まだその段階でも打てる手立てはあります。

競売になってしまうまえにしておくべきこと

例えば競売の前の段階で、任意売却という方法で切り抜ける方法があります。任意売却で終わるか競売で終わるかでは、心理的な負担を含め、全く異なります。

任意売却と競売の違いについて、今回は解説していきます。

任意売却

任意売却は、通常の不動産流通市場で取引されます。つまり不動産会社に売却を依頼し、物件情報がレインズやポータルサイトに掲載され、広く購入者を募ることができます。

任意売却という売却理由を嫌う購入者もいることから、周辺相場よりは多少安くなる傾向はありますが、それに近い価格で売却が可能です。

競売よりも高く売れる分、その分残債は減りますが、滞納者の独断で任意売却をすることはできません。任意売却を行うには、債権者(金融機関)と交渉し、その許可を得ないといけません。債権者にとっても、回収できる金額が競売よりも多いので、競売の手続きがまだ進んでいない状況であれば、比較的すんなりと任意売却を認めてもらえます。

任意売却は、売却理由が債務整理という、あくまでも普通の不動産売却として成り立つ前向きな売却です。競売に比べ、心労も少なく新生活をスタートすることができます。

競売

任意売却とは異なり、通常の不動産流通市場では取引されません。入札期間中に、一番高い金額を入札した人が、落札・購入する仕組みです。

物件にもよりますが、競売の価格は、市場価格の6割から7割となります。競売だと、融資している債権者の回収額は任意売却と比べ少なくなります。ですからいつでも任意売却へ変更が可能だと思ってしまいがちです。

しかし、競売の手続きが進んでしまっていると、回収できる金額が任意売却よりも少ないとしても、そこから任意売却へ引き戻すことは困難です。

まとめ

以上、任意売却と競売の違いについてでした。

一般不動産市場で売却できる任意売却と、そうではない競売とでは、そのプロセスと結果に大きな違いが生じます。

滞納が続いてしまうと

「もうどうにもならない」

「どうにでもなれ!」

と緊張の糸がぷっつりと切れ、思考停止してしまい、開き直ってしまう人が多いです。しかし、可能性がある限り任意売却を目指してください。

住宅ローンのしくみを理解する

全ての人がそうではありませんが、競売に陥ってしまう要因の1つは、最初から無理な返済計画の元、マイホーム・自宅を購入してしまっているからです。

購入の初期段階から、住宅ローンのしくみを理解し、自分にとって無理のない物件を購入することが、滞納しない最大の予防策です。

転ばぬ先のつえではないですが、自分を助けるのは自ら蓄えた知識がもたらす「知恵」です。

5/16 新刊「住宅ローンのしくみがわかる本」発売です!!

「住宅ローンのしくみがわかる本」をプレゼントします

5月に新刊が発売されたあと、行った先々で本屋をのぞくようにしています。

5/16 新刊「住宅ローンのしくみがわかる本」発売です!!

目的はもちろん、

「自分の本があるかな~」

と探すためです(笑)

大きな書店になると、検索する機械が置いてありますが、あれは使いません。広い書店を自力で探し出すことに喜びを覚えます(暇人)。すぐ見つかる場合もあれば、いくら探しても見つからない場合も。。。

先日訪れた大井町の駅中にある本屋は、それほど大きくないので、比較的簡単に見つかりました。

お、一冊だけ置いてありました。せっかくなので・・・

抜いて・・・

目立つところに平置き。

な~んていう著者にありがちなことはやらず、おさい銭代わりに自分で購入しました(笑)。

ということを、書店で自分の本を見つけるとやってしまっているため、おさい銭代わりの自分の本が手元に数冊あります。

自分で持っていても仕方がないので、このブログをご覧頂けてる皆さんにプレゼントしようと思います!問い合わせフォームか、Facebookでつながってる方はメッセージに住所と名前を書いて送ってください。先着順です。締め切りました。多くのご応募、ありがとうございます!

みなさん奮って応募してください。

 

5/16 新刊「住宅ローンのしくみがわかる本」発売です!!

5月16日、いよいよ私の2冊目の著書

「住宅ローンのしくみがわかる本」

が発売されます。一部、書店では15日から並ぶようです。過去記事で少しだけ触れてます。

住宅ローンのしくみがわかる本

住宅ローンは、長期に渡ってみなさんの生活とともにありつづける存在です。手に取ることはできないけれど、確かにそこに存在する住宅ローンという商品のしくみを理解することは、これから始まる、また既に始まっている返済生活を適切に管理・運営していく上で非常に重要かつ有意義なことです。

 

本書は以下のような人たちに読んで頂きたいと思って書きました。

  • これから住宅ローンを利用しようとしている
  • 本当に住宅ローンを利用していいのか不安だ
  • 現在住宅ローンを利用している
  • 住宅ローンがそもそもどういうものかを知りたい
  • 自分に合ったローンを組みたい
  • 繰り上げ返済をしようと考えている
  • 借り換えをしようと考えている
  • 担当の不動産会社、工務店、ハウスメーカーの担当が住宅ローンについて詳しくなく困っている

住宅ローンに関する書籍も多く出版されています。しかし、そうした書籍で語られる内容の多くは、

「変動金利がよい、固定金利はダメ」

「固定金利がベストで、変動金利はリスクが高い」

「長期で組むべきだ」

「短期で返済を終えるべきだ」

と、著者の主観が大いに反映されたものとなってしまっているのが現状です。それぞれ書かれている内容が間違っているわけではありません。ただ、万人に適用できるローンの組み方があるわけではありません。住宅ローンの組み方に誰にでも該当する正解はなく、ローンを組む人の数だけ正解が存在するのです。

住宅ローンを利用しての住宅購入に関するノウハウを全て注ぎ込んでいます

不動産会社に購入相談に行った際、またハウスメーカーの展示場で、営業マンに資金計画をお願いしたら、目の前で金融電卓を広げて、試算されたことはありませんか?この本を読むまでは、目の前の営業マンが何をしているのか、理解できた人はいなかったはずです。

しかしもう大丈夫です。本書を読み込みことで、住宅ローンの仕組みを理解することができ、何をやっているのかが手に取るように分かるようになります。

それが何を意味するのか分かりますか?

住宅販売の営業マンの資金計画で購入を進めるのではなく、当事者であるあなた自身が、主体的に住宅ローンを利用した購入計画を組み立て、納得して前に進めることが出来るようになることを意味しています。

以下のことが出来るようになります

  • 自分のライフプランに沿った組み方を選択できる
  • 長期に渡る住宅ローンとの付き合い方を理解できる
  • 不動産会社の営業トークに惑わされなくなる
  • 自分が買うべき金額の物件が分かる
  • 最適な予算を決められる
  • 知り合いのちょっとした相談にも乗ることができる

金利は変動しますが、住宅ローンのしくみはそうそう変わりません。ローンを組む時だけではなく、本棚に置いておき、ことあるごとに手に取って何度も読み返してください。どんどん理解が深まるはずです。

この機会に、持っていて損はしない、一生モノの住宅ローンの知識をインストールしてみませんか?

ご購入して頂ける方へのお願い

もし可能であれば書店で買って頂けると大変うれしいです。なぜなら書店での動きが実働倍数としてダイレクトに反映され、その数字が大きければ大きいほど、多くの書籍が世の中に出回ることになるからです。

私の持つ住宅ローンに関するノウハウ・知識を全て詰め込んだ書籍ですから、少しでも多くの方に届いて欲しいと考えているからです。もちろん、これは著者の勝手なお願いに過ぎません。ご購入して頂けるのであれば、どこで買って頂いても大変!嬉しいことに違いはありません。

Amazonで予約が開始されています

 

よろしくお願いいたします!

住宅ローンのしくみがわかる本

2度目の原稿が戻ってきまして、現在、自分の書いた文章の間違い探しという名のもとの、校正作業を行っております。

「理想の家を建てるには、3回家を建てなさい」

という有名な格言(?)がありますが、執筆作業にも同じことが言えるのかもしれません。執筆段階から飽きるほど何度も読み返していますが、そのたびに、

「あれを入れておけばよかった」

「もっとこう書けばよかった」

など、気になる点がたくさん出てきます。

その都度、全て直していったら、作業が一向に進まないので、どこかで自分が書いた文章と折り合いを付けなくてはなりません。それこそ3回位同じ本を書くことができればいいのかもしれませんが、当然そんなわけにはいきません。自分で書いた文章を読んで、

「これはこういう表現でいいんだ」

「いいよいいよ、ここはこれで」

といった具合に、自分を納得させているところです。

そうはいっても書いたときにはベストを尽くしたもので、満足はしてませんが納得はしています。たくさんの人に届くことを願ってやみません。

初めて公開しますが、本のタイトルは、

「住宅ローンのしくみがわかる本」

です。当初は、不動産売却とか、そちら方面の企画で出版社の方と話し合いを始めました。話し合いを進めていく中で、担当編集の方が自宅を借り換えした時の話を聞いたことがきっかけで、住宅ローンの話になりました。その際、常日頃、不動産業者として取り扱っている住宅ローンについての、お客さんの接し方など、思うところを語ったところ、

「住宅ローンの本、書けない?」

と話が急展開。自分の備える住宅ローンの知識で、どれだけのページ数を埋められるのか?自信も何もありませんでしたが、勢いのまま

「書けます!」

と言ってしまいました。その後、企画書を全面的に書き直し、提出。多少の修正もあったものの、無事企画会議も通り、出版が決まりました。

今回の書籍は、見開き2ページで一つのテーマを扱います。右に文章で、左が図表です。書く文章の量は多くないかもしれませんが、文章に合わせた図や表も考えなければなりません。文章的に、図表を入れやすいものはいいのです。例えば審査に必要な書類一覧とか、費用一覧の類なんかは表にし易いですしね。だけど中には

「これ・・・どんな図表を用意すればいいんだ・・・?」

と、途方に暮れる箇所も多々あり。今回の執筆作業で一番しんどかった部分です。それでもなんとか、自分の知識を総動員しこねくり回してなんとかかんとか全て用意することが出来ました。

図表を用意し終えたら、そこで若干燃え尽きてしまい、どの図表がどの文章に対応するのかがバラバラとなってしまっていて・・・。編集の方を困惑させたことも。

そんな苦労の果てに、最初の校正原稿が手元に届いたときには、いや~~、やっぱり感動しましたね。本としての体裁もある程度できているし、私が手書きのラフで送った図が、ちゃんとした(当たり前)きれいなイラストになっていたし、最初の本を出版した時にも感じた

「いよいよ本当に本が出来るんだな~」

といった実感がジワジワと沸いてきました。

本づくりもいよいよ佳境(だと思う)です。発売日はまだ聞かされておりませんが、決まりましたら改めてこのブログで告知していきます。よろしくお願いいたします。