コラム

他業者の内見に立ち会う理由

賃貸だけに限らず、売却もですが、当社が管理してる物件に他業者から内見依頼が届くことが多くあります。カギを現地に設置して、現地対応にすることもできるのですが、当社では時間があえば極力、他業者の内見に立ち会うことにしています。

案内をしてくれた他業者には後日、内見がどうだったのかをヒアリングし、その結果をオーナーに報告しています。他業者の内見に立ち会っていないと、内見の結果が

「ダメでした」

の一言で済まされてしまうことが多いのです。実際、箸にも棒にもかからなかったのかもしれませんが、オーナーから依頼を受けている側としては、ダメならダメなりの詳細な理由を知りたいのです。

「賃料はピッタリなんだけど、部屋の設備がちょっと古臭いなあ・・・」

「家賃は安いくていいんだけど、収納がもう少しあれば・・・」

「値段の割には狭く感じるなあ」

など、他社の内見に立ち会うことで、お客さんからはたくさんの「素」のコメントを聞くことができます。

「不動産業者」

という濁った(苦笑)フィルターを通して物件を見ることがない人の率直な意見は、その他大勢の意見の代弁者でもあるのです。そうした率直な情報を知ることで、オーナーに報告や提案するための材料になるのです。

当社が依頼を受けている物件は、会社近くの物件ばかりではありません。車で30分かけて行く場所もあれば、電車を乗り継いでたどり着く物件など、立地はさまざまです。非常に面倒な作業であることに違いはありません。

しかし、以上の理由によって時間が許す限り、お客さんの生の意見を聞くために、日々他業者の内見に立ち会っているのです。

・・・30分かけて行った内見が、入った瞬間で判断され、わずか1分で終了になることもたまにあります。そうした際に感じるなんともいえない挫折感・無力感は決してお客さんに知り得ない感情です。がしかし!心の中ではがっくりと膝をついている真摯な不動産会社もあるということを、頭の片隅にほんの少し置いておいてくださると嬉しいです。

物件内見前の条件確認は確実に

賃貸、売買にかかわらず、内見前には物件の諸条件を確認するようにしましょう。

募集図面や販売図面に

「ペット可」

「楽器演奏可」

と書いてあるのを信じて、すぐに内見に行こうと思ったとしたら、それは少しばかり早計です。

一概にペット可といっても、犬はOKでも猫はNGということもあるし、マンションによっては抱きかかえられる程度の大きさの動物でなければダメと明記されていることもあります。

楽器演奏も、アップライトピアノはOKだけど、グランドピアノはNGなど、楽器ならばなんでも大丈夫というわけではありません。

せっかく貴重な時間を割いて物件を見に行って、気に入ったから申し込みを・・・と思ったら、グランドピアノはダメでした、猫はダメでした・・・なんてことになったら時間の無駄です。

内見をする前には必ず、どんな楽器を持ち込みたいのか?ペットの種類は?複数でも大丈夫なのか?など、必ず販売図面や募集図面に書かれている以上の情報を把握するよう努めましょう。

そうすることでむやみやたらに物件を内見しなくともよくなり、効率的に物件を見て回れるようになります。

 

日本とアメリカの不動産取引の違い

以前オーストラリアの不動産事情については記事にしました。扱うものは同じでも、お国が違えば随分違ったものでした。今回はアメリカ不動産の取引事情についてです。

 

違いその1 役割分担がある

物件を案内する人と契約する人が別。役割が違う(日本では一緒)。お客さんを案内するためには、日本でいうところの、宅地建物取引士でなければならず、この免許・IDがないと物件の案内さえできません。

【 生涯の友達に、「医者」「弁護士」「不動産屋」を持つことが有意義の人生を送る秘訣 】

という、格言めいた言葉があるくらい、不動産業のステータスは高いです。

違いその2 IT技術を駆使したカギの管理

案内する物件の共用部分には、建築当初からキーボックス込みで建築されていて、アメリカいうところの宅建士が、免許・IDをかざすことでキーボックスが開く仕組みです。これらの行動はインターネットですべて記録されていて、どこの誰が何時に鍵を持ち出し、何時に戻しているのか鍵の動向が一目瞭然です。

日本では案内の依頼書をFAXで送ったり、カギを取りに行ったり、わざわざ開けに現地まで行ったりと、前近代的で不効率さは軽く怒りを覚えるほどです。

違いその3 ネット=本店

店舗を構えて営業している会社はどんどん減っていて、今までネット支店だったものが、今や本店になりつつあります。そして案内は現地集合・現地解散。インターネットが主流になってきているところまでは日本も同じ。ただ、現地集合・現地解散をしているところは日本ではまだまだ少ないと思います。

「対面して事務所に戻ってからが俺の本領発揮だ!」

と思ってる不動産会社や営業マンってまだまだ多いはずです。事務所まで来てもらい、車で案内して、その後また事務所に戻る・・・ということが当たり前のように行われているのが現状です。

違いその4 営業マンの違い

女性の営業マンが多いです。映画「アメリカン・ビューティー」(*若干ネタバレあるので、これから観る人は要注意)の主人公、レスタ―の奥さんは不動産営業マンで、あんな感じの人、多いんでしょう。女性営業マンはもっと日本でも活躍していいと思います。お客さんもスーツをビシッと着た男性が来るよりも、警戒感を持ちずらいし、女性ならではの視点とやわらかい雰囲気は、不動産営業に向いていると思います。

まとめ

なんでもかんでも欧米に「右に倣え」はどうかと思いますが、(お客様のためにも)良いと思ったところは、会社単位で始められる小さなことから積極的に取り入れていくべきだと思います。大きな一歩も小さな一歩から。高い社会的地位を獲得するには、高い職業倫理感を持っていないといけないでしょう。

250_bana 不動産活用コンサルタント
03-5707-7650

無料メルマガ登録

「教養」としての不動産取引


読者購読規約
>> バックナンバー
 

不動産活用コラム

不動産活用コム メニュー

楯岡悟朗 著書

関連リンク

よく読まれている記事

不動産活用コンサルタント