空き家管理

海外赴任で空き家になった自宅の管理

海外赴任の方の自宅管理ですが、通常の巡回以外にもさまざまな業務を行っています。

例えば10月11月に多いのが、年末調整に必要な保険会社からの控除証明書送付業務です。管理を承ると、ポストのチラシや不要な配送物を処分したりしますが、その際、(もちろん事前に承諾いただいたうえで)控除証明書を開封し、記載内容をメールでまずは添付して送ります。その後、原本をオーナー様に替わって、勤務先の担当部署まで送付します。

また、一時帰国される際、事前にガスの開栓作業に立ち会うなどして、戻ってきたときにはすぐにガスが使える状態にしておくなどです。なんてことない作業ですが、意外にご好評頂けているようです。

空き家管理の様々なケース

「空き家の管理」

と聞くと、

「古くなり放置している空き家が、周囲に迷惑をかけないように」

という使い方をイメージしているかと思います。当社がサービスを始めた理由も実はそうでした(笑)。

しかし実際初めて見ると、そのような理由で空き家管理を依頼してくる人はそれほど多くないということです。いま当社が多く扱っている空き家は、海外赴任になったオーナーさんのものが半分くらいです。

「数年間使わないのであれば、人に貸したらよろしいやん?」

と、不動産会社の私などは考えてしまうのですが、室内を空にして、痛んでいるところを直して・・・など、人に貸すにはそれなりに費用がかかります。海外赴任を終えて戻ってくるタイミングで人に貸していると、すんなりと戻れない可能性もあることを考えると、海外赴任の方が自宅を貸し出すことは、ハードルが高いのかもしれません。

当社が請け負っている海外赴任の方のご自宅ですが、基本的に家財道具はそのまんまです。貸倉庫を借りて荷物を預けることもお考えの方もいましたが、荷物の搬出、搬入や、倉庫代もかかることを考えると、そのままの状態で管理契約を結んだ方が、金銭的なこと含めて(*月の管理料が貸倉庫代より安い)メリットはあります。

家は使っていないとどうしても痛んできます。海外赴任の間、(程度の差はありますが)家の保全が行われ、突発的な自然災害やその他雑務を一任できることは、オーナーにとってはまさに

「かゆいところに手が届く」

そんなサービスではないでしょうか。

空き家管理の重要性

空き家特措法が成立してからずいぶん経ちます。成立当初は、マスコミでもしきりに空き家問題がクローズアップされたこともあり、空き家所有者の関心は非常に高いものでした。ただ、

  • 固定資産税が減税措置を受けられなくなる
  • 所有者に替わって行政に強制的に解体される(*行政代執行)

など、空き家を放置して課せられるペナルティは、「特定空家等」に指定されてはじめて発生します。実際のところ、特定空家に指定されるような保存状態が悪い空き家がどれだけあるかというと、現場レベルでいうとそれほど多くないというのが実感であり、当時は心配していた人も、いまは楽観的に考えている人が多いでしょう。

 

このレベルの空き家が特定空家等に指定されるかというと・・・

当社に空き家の管理を依頼されているオーナーさんの物件は、特定空き家に指定されるような、保存状態の悪い空き家ではありません。多少放置していたとしても問題ない物件ばかりです。

では、そのような物件は空き家の管理を行う必要はないかというと、そうではありません。

これは実際あった事例です。当社が相談を受けた時、物件は以下のような状態でした。

  • 建物に問題はない
  • 庭は荒れ放題
  • 室内はゴミだらけ

室内を見なければ、どこにでも存在する普通の一戸建てです。特定空家等に指定されるどころか、見方によってはいまだに誰かが住んでいるとも見えます。

オーナーと相談の結果、賃貸に出すことにしました。しかし、建物外観は問題なかったとしても、室内の状態はゴミの多さ含めてひどい状態でした。

  1. 敷地内の水道管から水漏れ(*放置が原因で気づかず)
  2. お風呂の換気扇は腐食(*放置が原因)
  3. 網戸破れ多数
  4. 窓枠腐食により開閉不能(*放置が原因)
  5. 水道の蛇口腐食(*放置が原因)
  6. キッチン取り換え(*ある意味放置が原因)

壁紙やフローリングは当然交換が必要でしたが、上記1~6は月に1度や2度、巡回管理を行うだけで防止することができる問題です。結局、これら箇所を修繕することで大きな費用がかかることになってしまいました。

とはいえ、修繕費用は数年で回収できるので投資効率としては悪くありません。今までは何ももたらさないどころか、固定資産税が垂れ流されるマイナス資産だったものが、今後は収益を生み出す資産に生まれ変わるわけですから。

このように空き家を適正な状態で維持し続けることのメリットは大いにあるのです。空き家は構造物ですが、生き物でもあります。利用・使用されることでいつまでも適正な状態を維持し続けることが出来るのです。事情によって、すぐに利用・使用できないのであれば、多少の費用を払ってでも、きたるべきその時のために管理を依頼すべきだと考えます。

→→→ 空家の管理のご相談、有効活用のご提案は無料で行っております。ご相談はこちらから

空き家管理サービスを開始しました

この新聞はちょっと前の記事ですが、最近になり空き家問題が様々なところでクローズアップされてきましたね。個人的にこの問題には以前から興味を持って動向を見ていました。

空き家管理

オーナーからコンサルティング依頼を受け、空き家や使っていない不動産の活用方法について相談を受けると、

「売るべきでしょうか?」

「それとも貸すべきでしょうか?」

と、二者択一になってしまうことが多いです。私自身、そうしたオーナーの悩みを解決することが仕事なのですが、オーナーさんの事情や心情を聞いていくと、

「売るべきでも貸すべきでもない」

「あえて何もしなくて良い」

という物件も当然出てくる訳です。そうなるとオーナーさんに提案する回答が、売るか貸すかの二者択一、どちらかしかないと、回答は「ベスト」ではなく、「ベター」になってしまいます。。

「今は使わないけど、いつかは子供が使うかもしれない」

「家族の思い出の家を売るのは忍びない」

「だけど賃貸経営は煩わしいからしたくない」

「人に貸すために行うリフォーム費用が捻出できない」

売るか貸すかしないといけないことは分かってる。わかっちゃいるけど出来ない、もしくはあまりしたくない。表面上は違うと装っても、内心ではこのように考えている人は多いし、既に売った人、貸してる人の中にも多いです。

何もせず放置することによって生じる自分達家族や、周辺環境へ与えるデメリットを説明し、今後のことを踏まえ、どちらかに選択(売却or賃貸)を迫るのも、我々のような人間の役目なのかもしれません。

ただ、個人的なことを言わせてもらうと、ベストではなくベターな回答を提示することは、私自身すごいストレスを受けます。売るでも貸すでもない、あえて、

「何もしない」

という第三の選択肢があってもいいのではないか、と。

そんなことを考え続けたここ1,2年。ようやく「あえてなにもしない」という、第三の選択を受け入れるための、当社の新しいサービス「空き家管理」が出来上がりました。

ただ問題の先送りに過ぎないのかもしれません。だけど、空き家を第三者に管理されることで、オーナーさん自身、物件のことを気にせず、冷静に今後を考える時間が出来、ご家族が

「こうしよう!」

と思ってもらえる時間を作り出すことが出来たら、それは誰にとっても良いことだと思うのです。もちろん、今回の空き家の管理という方法以外にも、選択肢はたくさんあると思います。でも、まずはここから!出来る範囲から少しずつ、当社はオーナーさまに提案できる選択肢をこれからも増やし続けていきたいと思います!

全てはオーナー様のために!よろしくお願いいたします。

250_bana 不動産活用コンサルタント
03-5707-7650

無料メルマガ登録

「教養」としての不動産取引


読者購読規約
>> バックナンバー
 

不動産活用コラム

不動産活用コム メニュー

楯岡悟朗 著書

関連リンク

よく読まれている記事

不動産活用コンサルタント