両手(りょうて)

業界用語。購入・売却双方の仲介を同時に行い、「両方から仲介手数料を受領する」こと。単純に報酬は2倍になる。

買い手AさんがB社に購入のお手伝いを依頼し、同じB社が売り手Cさんから売却の依頼を受けている(*媒介契約を結んでいる)物件を購入することになった場合、B社はAさんとCさん、双方から仲介手数料を受け取ることが出来る。

弁護士の双方代理が禁止されているように、不動産業界も双方仲介を止めるべきではないかとの声は多い。この両手取引が認められているため、物件の囲い込みが常態化している一因にもあげられる。業界が正常に発展していないという声もあるが、難しい案件になるほど、当事者が少ない方が話をまとめやすいという側面もある。

物件を扱う不動産会社のモラル向上が一番の特効薬だが、一番難しい改善ポイントでもある。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

楯岡悟朗が毎週お届けする無料のメールマガジン
「教養」としての不動産取引
メールアドレスを登録して購読できます。
読者購読規約
>> バックナンバー
 
250_bana 不動産活用コンサルタント
03-5707-7650

無料メルマガ登録

「教養」としての不動産取引


読者購読規約
>> バックナンバー
 

不動産活用コラム

不動産活用コム メニュー

楯岡悟朗 著書

関連リンク

よく読まれている記事

ら行の記事

不動産活用コンサルタント