競売(けいばい)

金融機関から融資を受けてマイホームを購入してみたものの、月々の返済が苦しくなってきた。マイホームは諦めて一時的にでも賃貸に避難しようと思っても、ローンの残高が多すぎて売っただけでは返済できない(*例えば借入金額が3,000万あるのに、2,000万でしか売れない場合)。

やむなく滞納を続けてしまいますが、数か月滞納しても金融機関も最初はやさしい文面のハガキで督促してくるだけです。

「あれ?返済しなくてもたいしたことにはならないじゃん?」

とホッと一息ついてしまうのは、都合の良い現実しか見ようとしない人間の性(さが)でしょうか?しかし、「借りたものは返さないといけない」、という人としての原則は必ず守らされます。金融機関は穏やかに、なだめすかしながら督促を行ったとしても、らちがあかないと判断すると、物件を差し押さえ貸したお金を回収する為に強制的に売却する、という行為に至ります。これを「競売」と言います。

ちなみに競売になるのはローンを滞納した場合だけではありません。行政の税金を滞納し続けても、差し押さえられ、競売となってしまいます。

「強制的」なので売却金額について、所有者が意見を言うことは出来ません。不特定多数の人(一般の消費者から不動産業者まで)が入札をして、一番高い金額を入れた人が落札します。

「ハンマープライス!」

です。周辺相場で売れることはほとんどなく、市場価格の7割から8割くらい、物件によってはもっと安くなってしまいます。

 

ハンマープライス!まさにたたき売り!

ハンマープライス!まさにたたき売り!

 

変わらず住んでいるのに、いつのまにか所有者ではなくなっていて、落札した人から不法占拠者扱いにされることになります。競売は不動産を購入した人にとって最悪の事態です。

ボクの今までの経験で、競売になる人の一番の不幸は、「誰にも相談できない・しない」ということ。相談を受けても、もう手の施しようがない、ということが良くあります。

「もっと早いうちに相談してもらえれば・・・」

といつも思います。お金のことなので、なかなかおおっぴらには言いにくいことかもしれません。しかしちょっと返済が滞り始めた、今の返済を続けていくことが難しいなど、予兆を少しでも感じたら、とりあえず声に出して相談してみることです。

病気でもなんでもそうですが、初期症状で対処するのが一番効果的です。親戚縁者や、信頼出来る人から紹介してもらった弁護士や、不動産業者などがこの場合一番の相談相手だと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加

楯岡悟朗が毎週お届けする無料のメールマガジン
「教養」としての不動産取引
メールアドレスを登録して購読できます。
読者購読規約
>> バックナンバー
 
250_bana 不動産活用コンサルタント
03-5707-7650

無料メルマガ登録

「教養」としての不動産取引


読者購読規約
>> バックナンバー
 

不動産活用コラム

不動産活用コム メニュー

楯岡悟朗 著書

関連リンク

よく読まれている記事

か行の記事

不動産活用コンサルタント