オーナー様の利益を最優先する不動産活用コンサルタント「不動産活用コム」

  • 03-5707-7650
  • 受付時間 9:00〜18:00 水曜日 定休

売却損が出る住宅ローン利用中の不動産売却3つの方法

住宅ローン利用中でも不動産を売却することは可能です。

住宅ローン返済中に不動産を売る方法

しかし、

残債 > 売却金額

の場合、つまり売却損が出る状態で売却するためには、以下の3パターンしかありません。

 

不足分を別途用意

上図のように不足分を調達・準備できるのであれば非常にシンプルな売却となります。

買い替える

不足分を別途準備できなければ、新規に購入する物件の住宅ローンに、不足分を上乗せしまとめて返済していくことができます。以下の図は返済がキツイため、今までよりも安い物件に買い換えた場合です。物件の条件は従来よりも劣ってしまうかもしれませんが、月の返済額を大幅に圧縮することができます。

逆に以下の図は今までよりもより条件の良い物件に住み替えたケースです。

以下は買い替えの記事をまとめたものです。併せてどうぞ。

自宅の買い替え(まとめ)

任意売却

上で説明した買い替えをするためには、現在の住宅ローンを滞納していないことが条件です。滞納実績が個人信用情報の履歴に残りますので、新規の住宅ローンを組む際の審査が通らないからです。早急に金融機関に連絡をし、任意売却の手続きを始めて下さい。開き直って放っておくと、競売になってしまいます。競売は住宅ローンを利用して不動産を購入した人にとっては最悪の結末です。

ちなみに、滞納をしていなければ、いくら希望しても任意売却にはなりません。

まとめ

以上、売却損があったとしても、不動産を売却をすることは可能です。返済がきつくなり滞納の予兆を感じたら、任意売却に行く前の段階で、一刻も早く買い替えを検討するようにしてください。

5/16発売の新刊の中でも詳細を解説しています。

住宅ローンのしくみについてはもちろん、住宅ローンが絡む不動産売買に関する知識全てを詰め込んでいる、持ち運びできる私の頭脳といっても言い過ぎではありません。この機会に一生モノの住宅ローンに関する知識をインプットしてください。

Pocket

よく読まれている記事

  • きねや不動産
  • 空き家管理センター
  • 賃貸物件情報
  • 不動産活用コンサルタント 楯岡悟朗
ページのトップへ戻る