オーナー様の利益を最優先する不動産活用コンサルタント「不動産活用コム」

  • 03-5707-7650
  • 受付時間 9:00〜18:00 水曜日 定休

池袋「中国家庭料理 楊2号店」の麻婆豆腐は攻撃力高し!

仕事で池袋に立ち寄った際、行ってみましたよ、「中国家庭料理 楊2号店」。

結婚するまでの約26年間、池袋で育ってきましたが、私が小さかったころとは違い、最近は中国人がとても多い町となっています。何年か前、中国人が集まって、

「池袋を第二の中華街に!」

みたいな運動が盛り上がったようですが、反対にあってしまったと人づてで聞いたことがあります。真意のほどは不明です。

最近はどこの町も同じような街並みなので、いっそのこと中華街に振り切ってしまえば、他所との差別化もできていいんじゃないの?と思ったりもしたのですが、それは実際に住んでいない人間の無責任な発言ですね(汗)。

中国人が多いということは、必然的に中華料理店も多いということです。それも高級中華じゃなくて、気軽に入れる中華料理屋ね。今回行ってみたお店もそんな家庭的な感じのお店です。

小さいころから友人と自転車でフラフラしている辺りの、路地に入ったところにありました。

有名な蒙古タンメンの向かいの・・・

何があるんだから分からない怪しげな路地を入っていきます。ちなみにこの路地の入口、表通りに面したところに別館があります。

場末感漂うホテルを通り過ぎると

登場。こんな路地を入ってきました。池袋が地元とはいえ、ここには入らないだろうなあ。

このお店、池袋では有名なお店らしく、11時半開店ですが、開店直後に行ったにも関わらず、席はほぼ満席!なんでもテレビ東京の「孤独のグルメ」で、このお店の「汁なし担々麺」が紹介されたらしい。カウンターで隣に座っていたマダム2人が

「念願の汁なし担々麺だわ!」

ってはしゃいでましたから。横目でチラ見しましたが、確かに美味しそう!これはいつか夜、来てみたいですが、予約必須らしいですね。

そんな汁なし担々麺に若干心惹かれたワタクシではありますが、安定の麻婆豆腐です(笑)はい、こちら。

豆腐は絹豆腐のフルフルで、私好み。挽肉がゴロゴロ入っているわけではなく、ペースト状になっていて、どっちかというと肉みそっぽいです。味がしっかりついているので、ご飯が進みます。

一番の特徴は痺れ、ですね。山椒がかなり効いてます。辛さと痺れを調整できるそうなので、注文前に聞いたところ・・・

「初めてなら普通に注文した方がいいですよ」

と流暢な日本語で教えてくれました。というわけでノーマルだったのですが、かなり痺れました。座ってるのに、いつの間にか踵、浮いてましたからね(笑)。体に力が入っちゃう。痺れが目立つので、辛さはそれほど感じないのですが、食べていると汗が噴き出るので、やっぱり辛いのかな。

帰り際、

「(辛くするつもりはないけど)もっと辛くできるんですか?」

と聞いてみたところ、

「痺れと辛さはさじ加減なので、いくらでも辛くできますよ」

ですって。私的にはノーマルで食べるのが美味しく食べられるギリギリのラインかなと。もっと辛く痺れるものを食べてもいいですけどネタとしてかな。ちなみに私の隣に座ったお隣さんは、汁なし担々麺に別皿に山椒もらってました。

  • 辛さ    ★★★☆☆
  • ラー油の量 ★☆☆☆☆
  • 痺れ    ★★★★☆

ラー油は★2かなあ、痺れは★5にしてもいいかなあってそんな微妙なところ。汁なし担々麺が食べてみたいです。

 

店名:中国家庭料理 楊2号店

住所:東京都豊島区西池袋3-25-5

電話:03-5391-6803

Pocket

よく読まれている記事

  • きねや不動産
  • 空き家管理センター
  • 賃貸物件情報
  • 不動産活用コンサルタント 楯岡悟朗
ページのトップへ戻る