オーナー様の利益を最優先する不動産活用コンサルタント「不動産活用コム」

  • 03-5707-7650
  • 受付時間 9:00〜18:00 水曜日 定休

マンション売却時にかかる費用について~まとめ~

マンション売却にかかる費用としては、基本、以下の2点しかありません。

マンションを売るときにかかる費用(仲介手数料)

仲介手数料が最も高額な費用です。

マンションを売るときにかかる費用(印紙代)

その他に、住宅ローンを利用中に売却をするならば、抵当権抹消登記が必要です。

マンションを売るときにかかる費用(抵当権抹消費用)

住宅ローンを利用すると、所有している不動産に抵当権という権利が設定されます。マンションを売却する際には、この抵当権を抹消しないといけません。この手続きを行うのは司法書士です。抵当権抹消登記とは、司法書士への業務報酬です。抵当権1件抹消するにに、大体2~3万円といったところで、決して高額ではありませんが、2本、3本と抵当権が設定されていると、その分、費用が多くかかってしまいます。

その他に住所変更登記という別の登記費用がかかることもあります。

マンションを売るときにかかる費用(登記費用)

例えば売主Aさんの住所と、登記識別情報(*昔でいうところの権利証)記載の住所が異なっていると、登記識別情報上に記載されているAさんと売主Aさんが、本当に同一人物かどうか分かりません。ですから売却時には、現在のAさんの住所(*住民票上の住所)と登記識別情報上のAさんの住所を同じものに書き換えなければなりません。

その手続きを行うのが、これまた司法書士で、司法書士に業務報酬を支払う必要があります。

以上です。マンション売却価格も重要ですが、費用を払った後、手取りがどのくらいになるのか?という観点で臨んでみるといいでしょう。税金がどれだけかかるのかも重要です。購入額よりも高く売れた場合は、ひょっとしたら税金がかかる可能性もありますので、その点についても注意しましょう。

不動産を売却した時にかかる税金は?

 

Pocket

  • きねや不動産
  • 空き家管理センター
  • 賃貸物件情報
  • 不動産活用コンサルタント 楯岡悟朗
ページのトップへ戻る