オーナー様の利益を最優先する不動産活用コンサルタント「不動産活用コム」

  • 03-5707-7650
  • 受付時間 9:00〜18:00 水曜日 定休

物件申し込み後のキャンセルについて

賃貸・売買関わらず、一度申し込んだ物件をキャンセルしたところで、申込書には法的拘束力はないので、違約金やペナルティはありません。万が一、違約金など請求されたとしたら、払う必要は本来ないですから全力で無視しましょう。だからといって、軽い気持ちで申し込みをすることはやめてください。

物件に申し込みするということは、

「借りたい」

「買いたい」

という意思を相手方に明示することです。意思が明確になっていないのなら、本来申し込みをするべきではないのです。

しかし、最近はちょっと気になる物件があれば、比較的簡単に申し込みをする人が多くなりました。

「気になるのなら、とりあえず押さえておきましょう」

と意思も固まっていないのに、安易に申し込みを書かせる不動産会社にも問題はあるのですが、ね。

申し込みを入れると、オーナー含めて契約に向けて周囲が動き始めます。また、申し込みを入れた段階で、物件の流通も止まります。軽い気持ちで申し込み→キャンセル、というコンボは、オーナーの機会損失を奪うことに繋がり、一時は契約に向けて動いた多くの人全員が多かれ少なかれ被害を被ることになるのです。

周りの迷惑を考えず、自分達だけ良ければそれでいいという、いい加減な業者のいい加減な対応に引きずられて、いい加減な申し込みを出さないように気を付けましょう。それはよりよい物件を見つけるためのテクニックなどではなく、自らの品位を落とすだけの行為ですからね。

 

Pocket

よく読まれている記事

  • きねや不動産
  • 空き家管理センター
  • 賃貸物件情報
  • 不動産活用コンサルタント 楯岡悟朗
ページのトップへ戻る