物件内見前の条件確認は確実に

賃貸、売買にかかわらず、内見前には物件の諸条件を確認するようにしましょう。

募集図面や販売図面に

「ペット可」

「楽器演奏可」

と書いてあるのを信じて、すぐに内見に行こうと思ったとしたら、それは少しばかり早計です。

一概にペット可といっても、犬はOKでも猫はNGということもあるし、マンションによっては抱きかかえられる程度の大きさの動物でなければダメと明記されていることもあります。

楽器演奏も、アップライトピアノはOKだけど、グランドピアノはNGなど、楽器ならばなんでも大丈夫というわけではありません。

せっかく貴重な時間を割いて物件を見に行って、気に入ったから申し込みを・・・と思ったら、グランドピアノはダメでした、猫はダメでした・・・なんてことになったら時間の無駄です。

内見をする前には必ず、どんな楽器を持ち込みたいのか?ペットの種類は?複数でも大丈夫なのか?など、必ず販売図面や募集図面に書かれている以上の情報を把握するよう努めましょう。

そうすることでむやみやたらに物件を内見しなくともよくなり、効率的に物件を見て回れるようになります。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

楯岡悟朗が毎週お届けする無料のメールマガジン
「教養」としての不動産取引
メールアドレスを登録して購読できます。
読者購読規約
>> バックナンバー
 
250_bana 不動産活用コンサルタント
03-5707-7650

無料メルマガ登録

「教養」としての不動産取引


読者購読規約
>> バックナンバー
 

不動産活用コラム

不動産活用コム メニュー

楯岡悟朗 著書

関連リンク

よく読まれている記事

不動産レポートの記事

不動産活用コンサルタント