計算金利(けいさんきんり)

返済比率を算出するために使用する、金融機関独自の金利のこと。金融機関ごとに若干違いがあるが、概ね3.5~4%に設定しているところが多い。どのように使用するのか?例えば以下のような条件で融資を受けたい人がいたとします。

<例>

  • 融資金額:4,000万
  • 年収:約500万
  • 借入れ期間:35年

計算金利3.5%で計算すると月の返済額は¥165,316円。年間返済額は¥165,316円×12か月=¥1,983,792円となり、年間支払額を年収で割ると・・・

¥1,983,792円÷¥5,000,000円(年収)×100=39.67%

この39.67%というのが、年収に占める返済の割合、つまり返済比率になります。返済比率40%を上限にしている金融機関が多いので、計算上、今回の<例>はギリギリ融資可能ということです。仮に借入れ金額が5,000万だとすると、年収500万だと返済比率49.59%となりNG。4,000万で借入れ期間が20年だったとしても、55.67%でやっぱりNG。

このエントリーをはてなブックマークに追加

楯岡悟朗が毎週お届けする無料のメールマガジン
「教養」としての不動産取引
メールアドレスを登録して購読できます。
読者購読規約
>> バックナンバー
 
250_bana 不動産活用コンサルタント
03-5707-7650

無料メルマガ登録

「教養」としての不動産取引


読者購読規約
>> バックナンバー
 

不動産活用コラム

不動産活用コム メニュー

楯岡悟朗 著書

関連リンク

よく読まれている記事

か行の記事

不動産活用コンサルタント