マンションを貸す際にかかる費用

マンションを貸す際には、最低限として以下の費用が必要となります。

 

リフォーム費用

室内がどのような状態かにもよりますが、貸すためには最低限のリフォームが必要です。モデルルームのようにピカピカにする必要はもちろんありません。ただ、清潔感が感じられる程度の修繕は必要です。

  1. 床・壁・畳の傷
  2. 水回り(キッチン・浴室等)

大きく分けると上記2つが主なリフォームポイントです。

1.床・壁・畳の傷・・・目立たない傷であればそのままでも問題ありませんが、大きなへこみや穴、汚れが目立つ場合にはクロスの張り替えやフローリングや畳の張り替えが必要となってきます。

2.水回り(キッチン・浴室等)・・・クリーニングできれいになればよいのですが、汚れが思うように落ちず、清潔感が感じられなければ、取り換える必要があります。水回りの状態はとても重要です。築年数が古くとも、水回りに清潔感があれば、借りてもらえます。

しかし、取り換えるとなると機材自体が高額なため、工事費含めるとすぐに何十万単位でかかってきてしまいます。

仲介手数料

お客さん探しを不動産会社に依頼することになりますが、その結果、無事に入居者が決まった際には、不動産会社に報酬として仲介手数料をお支払いします。

まとめ

「マンションを貸して家賃収入を手にしよう!」

簡単なようで、以外に初期費用はかかってしまうのです。リフォームも何もしないで、そのままの状態で貸すという選択肢ももちろんあります。賃料を相場よりも大幅に低く抑えれば、それでも入居者は見つかるかもしれません。

しかし、人に部屋を貸す対価として賃料収入を得る賃貸オーナーとしては、不快感を感じさせない程度のお部屋に整備しておくことは、借りてくださる人への最低限のマナーだと考えておきましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

楯岡悟朗が毎週お届けする無料のメールマガジン
「教養」としての不動産取引
メールアドレスを登録して購読できます。
読者購読規約
>> バックナンバー
 
250_bana 不動産活用コンサルタント
03-5707-7650

無料メルマガ登録

「教養」としての不動産取引


読者購読規約
>> バックナンバー
 

不動産活用コラム

不動産活用コム メニュー

楯岡悟朗 著書

関連リンク

よく読まれている記事

賃貸経営の記事

不動産活用コンサルタント