専属専任媒介契約とは?

専属専任媒介契約は、不動産の売却依頼を1社にしか依頼できません。また、自己発見取引も認められていません。

自己発見取引とは、売主が自分で見つけてきたお客さん(*知人、親族など)と売買契約をする際にも、依頼をした不動産会社を介して契約を行わなければなりません。

「専属」「専任」という文字面から、依頼をした不動産会社1社の独占販売のようなイメージを受けるかもしれませんが、そんなことはありません。

依頼を受けた不動産会社は、物件情報を5営業日以内にレインズに登録し、広く他の不動産会社にも情報を発信しなければなりません。

つまり売却における「窓口」を一つしか作れない、という認識が正しいでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

楯岡悟朗が毎週お届けする無料のメールマガジン
「教養」としての不動産取引
メールアドレスを登録して購読できます。
読者購読規約
>> バックナンバー
 
250_bana 不動産活用コンサルタント
03-5707-7650

無料メルマガ登録

「教養」としての不動産取引


読者購読規約
>> バックナンバー
 

不動産活用コラム

不動産活用コム メニュー

楯岡悟朗 著書

関連リンク

よく読まれている記事

媒介契約の記事

不動産活用コンサルタント