媒介契約の期間

媒介契約の契約期間は3か月です。媒介契約の種類によって異なることはなく、すべて3か月となります。契約期間満了が近づけば、契約期間を更新するか、新たな期間の媒介契約を新規に結びなおすことになります。

ちなみに媒介契約の契約期間を満了する必要はありません。しばらく販売した結果、自分が希望する額では売れそうにないと判明した場合、いつでも解除することができます。

また、専任媒介だったものを一般媒介に変更するのも自由です。いつでもできますし、専任媒介契約の期間を満了する必要はありません。

「契約」

とあるので、拘束力が強い印象を受けてしまうかもしれません。

契約に間違いはありません。しかし、売るつもりがなくなったのに、契約満了まで売り続けなければいけないなんて、全くのナンセンスですし、媒介種類の変更も同様です。意外に知らない人が多いので、この機会に必ず覚えておきましょう。

「契約期間がありますから」

と食い下がってくる不動産会社を、返り討ちにしてください(笑)

このエントリーをはてなブックマークに追加

楯岡悟朗が毎週お届けする無料のメールマガジン
「教養」としての不動産取引
メールアドレスを登録して購読できます。
読者購読規約
>> バックナンバー
 
250_bana 不動産活用コンサルタント
03-5707-7650

無料メルマガ登録

「教養」としての不動産取引


読者購読規約
>> バックナンバー
 

不動産活用コラム

不動産活用コム メニュー

楯岡悟朗 著書

関連リンク

よく読まれている記事

媒介契約の記事

不動産活用コンサルタント