媒介契約とは?

媒介契約とは、不動産会社に売買の仲介(*媒介ともいう)を依頼することをいいます。媒介契約と聞くと、詳しい人は売却を依頼するときに交わす契約だと思っている方もいます。しかし、売却だけではなく、実は購入の際にも媒介契約は交わすのです。

売却時の媒介契約は、契約を結んでから販売活動開始となります。対して、購入時の媒介契約はいつ結ぶかというと、通常は売買契約時に、契約書類の一つとして交わします。売買契約が完了後に、

「当社に(購入の)媒介業務を依頼する、という内容の契約書です」

と書類を差し出され、その場で媒介契約書に署名・捺印を行います。取引的には全く問題ありません。

このエントリーをはてなブックマークに追加

楯岡悟朗が毎週お届けする無料のメールマガジン
「教養」としての不動産取引
メールアドレスを登録して購読できます。
読者購読規約
>> バックナンバー
 
250_bana 不動産活用コンサルタント
03-5707-7650

無料メルマガ登録

「教養」としての不動産取引


読者購読規約
>> バックナンバー
 

不動産活用コラム

不動産活用コム メニュー

楯岡悟朗 著書

関連リンク

よく読まれている記事

媒介契約の記事

不動産活用コンサルタント