隣地購入のメリットとは?(その2)

再建築不可の土地が、土地を買い足すことで再建築可能の土地となり、資産価値が向上するという大きなメリットがあります。

以下の図をご覧ください。

%e9%9a%a3%e5%9c%b0%e8%b3%bc%e5%85%a5%e3%82%a4%e3%83%a9%e3%82%b9%e3%83%882

宅地Aは、再建築するための条件である

「公道に2m接道」

を満たしていない土地です。つまり再建築不可の土地です。再建築が出来ないため、売却価格は二束三文になってしまいます。しかし、宅地Bから接道2mを満たす分だけ(*この場合0.5m分)を購入出来れば、再建築不可だった土地が、再建築できる普通の土地に変貌を遂げるのです。二束三文でしか売れなかったものが、通常価格での売却も可能となります。

→→→ 「隣地を買いたい」「隣地に売りたい」 ご相談依頼はこちら(無料)

このエントリーをはてなブックマークに追加

楯岡悟朗が毎週お届けする無料のメールマガジン
「教養」としての不動産取引
メールアドレスを登録して購読できます。
読者購読規約
>> バックナンバー
 
250_bana 不動産活用コンサルタント
03-5707-7650

無料メルマガ登録

「教養」としての不動産取引


読者購読規約
>> バックナンバー
 

不動産活用コラム

不動産活用コム メニュー

楯岡悟朗 著書

関連リンク

よく読まれている記事

隣地購入の記事

不動産活用コンサルタント